記事
  • ロイター

EXCLUSIVE-中国当局、足元の元高容認 急激な動きには対応も=関係筋


[北京 4日 ロイター] - 中国当局は人民元が2年半ぶりの水準に値上がりしていることについて、国内の景気回復が加速していることもあり当面は容認する構えだが、値上がりのスピードが急激であったり経済に悪影響を及ぼすようであれば対応に乗り出す可能性もある。内部の政策議論に詳しい複数の関係者が明らかにした。

人民銀の元政策顧問で政府系エコノミストの余永定氏は「元高が中国経済のファンダメンタルズに支えられている」と指摘。「大規模な資本の流入や流出によるショックはうかがえず、介入の必要はない」とし、「為替レートは主に経常収支によって変動している」と述べた。

人民元はこの日、1ドル=6.5302元で取引を終了。年初以降では6.6%値上がりしており、このまま年末まで推移すれば年間で2017年(6.8%)以来の大幅な値上がりとなる。ただ、ドルは通貨バスケットに対し6%近く下落していることから、人民元の変動幅が特段大きいとは言えない。

一部の政策顧問らは、人民元が6.4元とさらに2%上昇する可能性もあるとしており、投機的なホットマネー(短期資金)の流入で国内の輸出業者が打撃を受けた場合、当局が対応に乗り出すことはあり得るという。

人民銀からのコメントは得られていない。

トレーダーや投資家らは、来年にかけて元の一段高を見込む。多額の外貨を保有する輸出筋が、年末までの支払い手段を確保するためドルから元への両替を開始すると予想され、これが元を押し上げるとみられている。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください。)

トピックス

ランキング

  1. 1

    陽性率が低下 宣言2週間で効果か

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    池上風? たかまつななは殻破るか

    宇佐美典也

  3. 3

    即入院の石原伸晃氏 特権許すな

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    テレ東が報ステ視聴者奪う可能性

    NEWSポストセブン

  5. 5

    給付金2回目求める声殺到に衝撃

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    トヨタ Apple車参入で下請けに?

    大関暁夫

  7. 7

    慰安婦判決 文政権はなぜ弱腰に

    文春オンライン

  8. 8

    マニアが絶賛 無印カレーの凄さ

    文春オンライン

  9. 9

    米国に課された多様性との融合

    松田公太

  10. 10

    マスク拒否の男 逮捕時は大暴れ

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。