記事

木村拓哉は合流できるか……森且行46歳がつなぐ「SMAP再集結」の可能性 - 「週刊文春」編集部

「えっと……やっと約束が守れて良かったと思います」

【写真】この記事の写真を見る(7枚)

 11月3日、オートレースの日本選手権を制し、優勝インタビューで声を詰まらせた森且行(46)。


日本一となり賞金ボードを掲げる森

「お互い日本一になろう」

 1996年、突然のSMAP脱退時に仲間と交わした約束から24年後。メンバー全員が揃ってメディアで取り上げられる機会を、森が提供した――。

◆◆◆

 46歳となった森にとって、年間5レースしかないSGレースでの優勝、即ち“日本一”の称号は夢のままで終わろうとしていた。

「40過ぎたら、もうSGは獲れないなと、はっきり思っていました」

 森自身、周囲にそう明かしていたと専門記者が語る。

「森は最高クラスのS級にいますが、その中で実力は下位の選手。今回は先頭の2選手が転倒した結果、3番手だった森の前が開けて必死で逃げ切った。運に恵まれましたが、勝てないときでもバイクの整備と練習の手を抜かないマジメな選手。その姿を見ていた同期の選手は『良かったね』と祝福していました」

木村拓哉からも“異例”のコメント

 この快挙に、元SMAPのメンバーも皆、祝福のコメントを出し、森を媒介に久しぶりにSMAPが“再集結”した。とは言っても、そのやり方は三者三様だ。

「稲垣吾郎(46)、草彅剛(46)、香取慎吾(43)の『新しい地図』の3人はそれぞれのSNSで祝福し、連名でもコメントを発表。一方の木村拓哉(47)は、『それぞれの選んだ道で、それぞれが掴むもの。今後も健闘を祈ります』と、醒めたコメントだったため、一部SMAPファンの反発を呼びました。それでもジャニーズ事務所を通して、退所した森へのコメントを出すのは異例中の異例。しかも新しい地図が出した直後だったので、ジャニーズも木村も『冷淡だ』という批判は避けたかったのでしょう」(スポーツ紙記者)

 そして最後にコメントを発表したのが、元リーダーの中居正広(48)だった。

森がかわいがった草彅と香取

「コメントを発表する前に唯一、森に直接連絡したのが中居でした。『大穴だったな』などと茶化しつつ祝福したそうです。司会をする『ニュースな会』(テレビ朝日系)では、これまでも森のレースを観に行ったことがあると明かしていました」(同前)

 元SMAPの6人の中で真ん中の世代にあたる森は、性格の良さもあって、メンバーの誰ともうまくやれる“繋ぎ役”だった。ジャニーズ事務所関係者が語る。

「特に年下の草彅と香取を弟のようにかわいがっていた。足立区に実家があった森と埼玉の春日部に住む草彅は、東武線仲間で帰り道が一緒でよく話していました。香取も森の実家に遊びに行ったことがあります」

 年上の木村は森にとって、遊びを教えてくれる兄貴分だった。かつてジャニーズに在籍した男性が語る。

「木村の運転する車で遊びに出かけたり、元光GENJIの佐藤アツヒロを含めた3人でサーフィンのチームを作ったりと仲が良かった。自分に厳しい森の性格を木村は認めていました」

 ダンスに加え、歌の上手さはメンバーの中でも随一といわれた。

「SMAPのアイドルとしての“スキル”は森くんがリードしていました。SMAPはバラエティ番組『夢がMORI MORI』(フジ系)をきっかけに人気が出始め、直後の『SMAP×SMAP』(同)で人気が爆発しますが、『夢が~』のMORIは司会の森脇健児、森口博子に加えて、森のことを指しています。『スマスマ』ではメンバーが料理の腕を振るう『BISTRO SMAP』が看板コーナーでしたが、これも森くんが料理ができるということで始まった企画でした」(フジテレビ関係者)

 しかし、「スマスマ」がスタートしてわずか2カ月後に森は突然、SMAPを脱退。事務所に内緒で出願していた養成所の試験に合格し、子供の頃からの夢だったオートレーサーに転身することになったのだ。

森のSMAP脱退会見に付き添った中居

 1996年5月、森のSMAP脱退の会見には中居だけが付き添った。中居はなぜかジャイアンツのユニフォームを着て登場。神妙な顔で立つ森の横で、中居はひたすら喋りまくってレポーターたちを笑わせ、会見に漂う重い空気を必死で振り払うのだった。

 前出のジャニーズ事務所関係者が明かす。

「森の決断が周囲に大きな迷惑をかけたことは間違いない。脱退の会見についての対応も事務所内で話し合った上で、リーダーの中居だけが付き添うことになりました。ジャイアンツのユニフォームを着ていたのは、ジャイアンツの選手になるのが中居の子供の頃の夢だったから。同じように夢を追いかける森のことを思って選んだのです」

 その後、テレビでSMAPの過去映像が流れる際は、森の姿が巧妙に削られた。

「事務所内でも森の存在を消すのは暗黙の了解となっていた。そんな中、メンバーも連絡を取りづらい状況だったと思います」(同前)

 一方の森も、養成所時代に事故で大けがを負い、レースデビューが遅れるなど、もがく日々が続いた。

「オートレース界は森を前面に出すことで認知度を上げたかったが、『まだ実力、結果が伴わない』と、森は頑なに拒んできました。デビュー10年目でようやくイメージキャラクターとしてCMに出演するのです。

 私生活ではオートレーサー転身の頃から支えていた3歳上の妻と98年に生まれた長男がいましたが、16年に『女性自身』に別居と、新しい女性の存在が報じられました。離婚協議が続く中、18年には湾岸エリアの億ションを売却。最近、妻とは離婚が成立したようです」(芸能記者)

 森とメンバーの再会が叶うのは、奇しくもSMAPの解散がきっかけだった。

中居の独立会見中に届いた森からのメール

「解散の日の16年大晦日、木村を除くメンバーが六本木の焼肉店に集まりました。そこに森も呼ばれたのです。その後、17年のAbemaTVでの新しい地図の特番では、3人が森に会いにレース場を訪れる企画が実現しました」(同前)

 今年2月、中居がジャニーズからの独立会見を開くと、会見の最中、森から中居のもとにメールが届いた。そこには「お疲れ様」の言葉とともに、「会見出ようか?」と添えられていたという。24年前の自らの会見に中居が付き添ったことへのお返しだった。

「中居もいまだ新しい地図との共演は実現していない。AbemaTVのように『森の応援』という大義名分があればSMAPの再集結もありうるかもしれません」(前出・スポーツ紙記者)

木村は集結できるか?

 集結へのハードルが一番高いのは、現役ジャニーズの木村だろう。

「ただ、ジュリー体制になって、以前のような元ジャニーズへの頑なさはなくなっている。仲の良かった森から強くお願いされたら、可能性は生まれるのではないか。離れていた森だけは“SMAP愛”がいわば冷凍保存されている。他の5人のメンバーは各々の立場があるため“再集結”の音頭を取るのは難しいが、それができるのは森だということが今回、図らずも明らかになったのです」(同前)

 11月5日、イベントに出席した香取はクリスマスの予定について、「最近、日本一になった仲間とクリスマスパーティーをしたいと思います!」と宣言した。

“日本一のレーサー”という夢を叶えた森。ファンの悲願も実現してほしい。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2020年11月19日号)

あわせて読みたい

「SMAP」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    米議事堂襲撃 副大統領は間一髪

    WEDGE Infinity

  2. 2

    トランプ氏罷免せず 判断を評価

    猪野 亨

  3. 3

    五輪判断 どう転んでも政府苦境

    内藤忍

  4. 4

    官邸崩壊の足音 秘書官もう交代

    NEWSポストセブン

  5. 5

    スピルバーグ氏に見る残酷な一面

    Dain

  6. 6

    総額6.7兆円 不良債権回収の苦難

    BLOGOS編集部PR企画

  7. 7

    14歳以下のコロナ感染が増える仏

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  8. 8

    「病床に余力」医師提言に課題も

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    感染拡大の深刻さを認めぬ菅首相

    おくの総一郎

  10. 10

    母がマルチ商法に心酔 娘の悲劇

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。