記事

「10代女性死亡」厚労省の大誤報

本日、10代女性が新型コロナウイルスで死亡した、との一報がNHKや時事通信などで駆け巡った(現在は削除済み)。

この話、あまりに唐突なのですぐに厚労省に「コロナ関連死」か否か問い合わせ、返答待ちだった。重症例すらほとんどみられない日本の10代以下で、なぜ「死亡」と即座に疑問に思ったのと同時に、それが事実なら対策も色々と考え直さなければならないからだ。

ところが、今になって、これほど重要なことが「集計ミス」と一斉に報じられている。

厚労省のHPの極めてわかりにくいところにおいてある資料を確認したら10代はゼロになっていた(「国内の発生状況など」の頁の下の方の「参考資料」の「国内の患者発生に関する参考資料」の4つ目の「新型コロナウイルス感染症の国内発生動向」をクリックすると出てくる。ちなみにわかりにくいながらも年代別死亡者数データが公表されるようになったのは、11月18日の私の厚労委員会での質問以降(「ワクチン接種前に知るべき厚労省が隠していたデータ」)。

これほどの大誤報、大誤発表がなぜ生じたのか?

結局魂が入っていないからそうなるのだ。

私がすぐに問い合わせたように、厚労省もすぐに自治体に確認するという気持ちさえあれば絶対にこんなことは起きなかったはず。100万人に4人しかいない重症者で医療崩壊騒ぎが収まらないのも、発生にばらつきがある新型コロナウィルス感染症患者の管理を自治体任せにし、全国的な入院患者調整を放置してきたから。そして病院勤務医・看護師の不足についても無策のまま。

今日までの厚労委員会での田村厚労大臣の答弁を聞いていても「なんとかしよう」という気持ちが全然感じられなかった。誠に失礼ながら言葉でごまかしているだけだ。

厚労省が、そして田村厚労大臣が気持ちを込めなければ、この新型コロナウイルス騒動は収まらないばかりか、小休止の後にやがて起こるであろう第4波ではさらに拡大する一方だろう。

あわせて読みたい

「厚生労働省」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    不安煽るワクチン報道に医師呆れ

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    極限の克行氏 真相供述で逆転か

    郷原信郎

  3. 3

    老害タグを茂木健一郎氏が批判

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    電通本社ビル売却検討 何が衝撃?

    かさこ

  5. 5

    菅政権が見落とした学者の二面性

    内田樹

  6. 6

    政治に怒らぬ若者 そのワケは?

    BLOGOS編集部PR企画

  7. 7

    五輪中止で32年開催狙うか 英紙

    ロイター

  8. 8

    河野大臣 本人確認の不便さ指摘

    河野太郎

  9. 9

    ワクチン接種した日本人の感想は

    木村正人

  10. 10

    「もう終わりだ」Qアノンの落胆

    Rolling Stone Japan

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。