記事

洋菓子メーカー「モロゾフ」 新型コロナの影響重いが11年連続の黒字見通し

 百貨店などに約1,200店の洋菓子店や喫茶店を展開しているモロゾフ(株)(TSR企業コード:660027461、神戸市東灘区、東証1部、非連結)は12月4日、2021年1月期の純利益が1,000万円になる見通しだと発表した。通期は11年連続の最終黒字を確保する見込み。

 新型コロナの影響で、出店していた百貨店や駅ビルなどが休業、時短営業などで売上高が落ち込み、原価率の上昇が響き2020年2-10月の純利益は赤字だったが、通期では黒字を確保する見通しだ。

 未定だった2021年1月期予想を公表し、売上高255億円(前年比13.6%減)、純利益1,000万円(前年10億9592万円の黒字)と減収減益を見込む。

 同時に発表した2020年2-10月は、売上高157億4,400万円(前年同期比16.1%減)、営業利益7億7,700万円の赤字(前年同期4,000万円の黒字)、純利益6億3,200万円の赤字(同2,600万円の赤字)だった。同期末の純資産額は157億700万円で、自己資本比率は70.9%と高水準を維持している。

 モロゾフの担当者は、「緊急事態宣言下では店舗を閉めざるを得ず、時短営業要請や外出自粛による影響を受けた。ただし、直近は(業績を)戻し始めた」という。コロナ禍での試みとして、「喫茶事業ではテイクアウトを実施する店舗もあり、新たな顧客開拓につながった」(同担当者)とコメントした。

 スウィーツ需要の高まるクリスマスや年末年始を控える季節。モロゾフはクリスマスケーキや限定ギフトで業績回復を狙う。

モロゾフの店舗(TSR撮影)

あわせて読みたい

「企業経営」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    内側から見た西野サロンの炎上

    森山たつを / もりぞお

  2. 2

    「支持できない」枝野代表に直撃

    たかまつなな

  3. 3

    生活保護を含め制度改善が必要

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    裕福な高齢者層 TVは消費を煽れ

    毒蝮三太夫

  5. 5

    マルチで家庭崩壊…勧誘法に愕然

    fujipon

  6. 6

    銀座クラブ報道に蓮舫氏「迷惑」

    立憲民主党

  7. 7

    五輪中止で保険会社30億ドル損失

    ロイター

  8. 8

    通勤電車に触れぬマスコミの事情

    川北英隆

  9. 9

    菅首相を推した田原氏が語る失望

    NEWSポストセブン

  10. 10

    神社の行事負担に町内会「限界」

    紙屋高雪

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。