記事
  • ロイター

中国の格付業界に規制機関が警鐘、実態にそぐわない格上げ指摘


[上海 4日 ロイター] - 中国銀行間債券市場の規制機関、中国銀行間市場交易商協会(NAFMII)は、最近の高格付け国有企業のデフォルト(債務不履行)を受けて行った国内格付け業界の見直しで、実態にそぐわない格上げなど、業界全般にわたる問題があると指摘した。

NAFMIIは「特定の格付け機関が実施している発行体格付けの引き上げは、明らかに業界平均を上回っており、実態にそぐわない格上げなど潜在的なリスクが存在する」との見方を示した。11月30日付のNAFMIIの声明が3日ウェブサイトに掲載された。

中国の社債の大半は、デフォルトリスクやプライシングのガイダンスがほとんどないAA以上の格付けを誇る国内企業によって発行されている。ただ、最近のAAA格付けの国有企業の一連のデフォルトを受けて、投資家の間では安全とされる格付けに対する信頼が揺らいでいる。

NAFMIIによると、改善が必要な格付けモデルやデータベース、格付業務システムの不備、格付けプロジェクトの品質管理の問題、不完全なファイリング情報などが多数企業で発覚したという。

報告書では、国内の格付け会社のほか、S&Pグローバル・レーティングやフィッチ・レーティングスの100%出資子会社など10社が対象になっている。

NAFMIIによると、第3・四半期に行われた格付け変更のうち、格上げは54件あったが、格下げは35件にとどまった。また、大公グローバル・クレジット・レーティングについては、第3・四半期の発行体格上げ件数が17件と最も多かった。

トピックス

ランキング

  1. 1

    電車止めない政府 危機感の甘さ

    諌山裕

  2. 2

    医師会の言葉は「心に響かない」

    山本直人

  3. 3

    「サイゼ来た」要請で皮肉な結果

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    菅首相発言に漂う日本崩壊の気配

    メディアゴン

  5. 5

    印象論で政権批判 NEWS23に苦言

    和田政宗

  6. 6

    尾身会長が求めるリーダーの姿勢

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    医療巡り飛び出した菅首相の本音

    青山まさゆき

  8. 8

    「男女の友情存在するか」は愚問

    いいんちょ

  9. 9

    渡邉美樹氏 外食産業は崩壊危機

    わたなべ美樹

  10. 10

    PCR問題の混乱止まらず 医師嘆き

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。