記事
  • ロイター

インド中銀、政策金利据え置き インフレと景気両にらみ


[ムンバイ 4日 ロイター] - インド準備銀行(中央銀行)は4日、市場の予想通り、政策金利のレポレートを4%に据え置いた。インフレが高止まりしていることが背景。ただ、景気の持ち直しを維持するため、厳しい環境に置かれているセクターには潤沢な流動性を供給する方針を示した。

中銀のシャクティカンタ・ダス総裁はオンライン形式のブリーフィングで、金融政策委員会は持続的な景気回復を支援するため、少なくとも今年度と来年度に緩和スタンスを維持することを決定したとした。

総裁は、新型コロナウイルス流行に伴う景気低迷から予想より早く回復している、とする一方で、回復の兆候は広範囲には及んでいないとも指摘した。

総裁によると、金利据え置きと緩和スタンス維持の決定は全会一致。中銀はリバースレポレートも3.35%に据え置いた。

インド株式市場は決定を受けて一段高となり最高値を更新。ルピーは小幅上昇し1ドル=73.76ルピー。10年債利回りは3ベーシスポイント(bp)低下し5.90%となった。

<流動性支援策>

ダス総裁は、難局にあるセクター向けの資金調達支援策を発表。潤沢な流動性が成長の勢いを支援するよう、必要に応じて今後も一段の措置を講じる構えを示した。

モティラル・オズワル・プライベート・ウェルス・マネジメントの投資責任者、アシシュ・シャンカー氏は「緩和的な流動性スタンスにより、流動性へのアクセスが困難ではなくなり、景気回復も勢いを増すだろう」と指摘。「今回示されたガイダンスは、成長や資金フローについて、以前よりも上向きになっている」との見方を示した。

<インフレを警戒>

ダス総裁は「金融政策委は、生鮮食品の価格が冬季に一時的に落ち着くといったことがなければ、インフレ率は高水準で推移する可能性が高いとみている」とし「これが金融政策の制約となり、成長を支援するために行動する余地の活用を妨げている」と述べた。

総裁は「インフレ・ターゲティングが最重要課題」と説明。中銀は、今10─12月のインフレ率が6.8%で来年1─3月は5.8%にやや減速すると予想した。10月時点では、今年度下期(20年10月─21年3月)のインフレ率を5.4─4.5%と予想していた。

エララ・キャピタルのエコノミストは、景気回復の兆しと、当面インフレが高止まる公算から追加利下げの可能性は低いとみている。

中銀は新型コロナウイルス危機への対応で、3月下旬以降レポレートを計115ベーシスポイント(bp)引き下げている。

しかし、インフレは3月を除いて中銀の目標(2─6%)を上回り続けている。

パトラ副総裁は「供給側の管理がタイムリーで効果的なら、インフレの軌道は完全に変わるだろう」と述べ、インフレ予想は現在の状況を踏まえたものだと説明した。

7─9月期の国内総生産(GDP)は前年同期比7.5%減。4─6月期の23.9%減から落ち込みが和らいだ。

ダス総裁は、コロナワクチン開発の進展でインドの見通しも改善したと述べた。金融政策委員会は今年度の実質GDP予想を9.5%減から7.5%減に修正した。

11月に実施したロイター調査では、インド経済が来年早々に景気後退を抜け出しそうだが、コロナ前への回復には時間を要するとみられている。

*内容を追加しました。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    企業も社会も、相手に変化を求めるときはまず相手の想像力を引き出す - 「賢人論。」133回(中編)前刀禎明氏

    みんなの介護

    03月04日 20:18

  2. 2

    平均賃金は韓国以下…「貧しい国」になった日本が生き残るための“新常識” 2021年の論点100 - 加谷 珪一

    文春オンライン

    03月04日 10:23

  3. 3

    国内の感染者第一号から1年 一向に有事モードに完全転換しきれない政府

    塩崎恭久

    03月04日 18:03

  4. 4

    ジェネリック医薬品大手で不適切製造か 安全より利益追求する企業に呆れ

    中村ゆきつぐ

    03月04日 09:16

  5. 5

    緊急事態宣言延長 全ては恐怖から そしてそれを創り上げたのは東京都とメディア

    中村ゆきつぐ

    03月05日 08:15

  6. 6

    落合陽一氏「たとえ感染が収束してもコロナ前に戻す必要はない」

    NEWSポストセブン

    03月04日 14:19

  7. 7

    石原さとみへの激怒報道を一蹴!綾野剛が現場で見せた男気

    女性自身

    03月04日 16:19

  8. 8

    「私自身が判断したい」という総理発言は何故素直に受け入れられないのか

    近藤駿介

    03月04日 13:30

  9. 9

    中国が特許件数2年連続で首位 いまや技術の「質」も苦しい立場の日本

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    03月04日 08:36

  10. 10

    黄砂の飛来は中国の里山が破壊されたから。植林も砂漠化の一因だった!

    田中淳夫

    03月04日 15:39

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。