記事
  • ロイター

米国との関係、一部のダメージは「修復不可能」=中国紙


[4日 ロイター] - 中国政府系英字紙チャイナ・デーリーは、中国と米国の関係における一部のダメージは「修復不可能」と警告した。

論説記事で、中国共産党の党員とその家族に対するビザ規制の強化や、新疆産綿製品の輸入禁止措置は「懸念すべき兆候」との認識を示した。

また「たとえ新政権が両国間の緊張を和らげる意思があっても、一部のダメージは、現職の大統領が意図するように修復不可能だ」と主張した。

両国関係は、貿易、ハイテク部門、安全保障、人権問題、新型コロナウイルス感染症を巡り過去数十年で最悪の状態にある。

同紙は、両国関係は「危うい方向」にあると指摘した。

トランプ政権は3日、投資を禁じる中国軍関連企業に半導体メーカーの中芯国際集成電路製造(SMIC)や中国海洋石油集団(CNOOC)など4社を追加した。

中国の崔天凱・駐米大使は3日、バイデン新政権誕生後に両国関係のリセットを望む考えをツイッターに投稿。

「両国の間には常に違いが存在するが、対立や戦争を正当化するものではない。相互に多大な尊敬と理解があれば、これらの違いへの対応は可能で、関係全体を損なうことはない」との認識を示した。

関係筋によると、米司法省は、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]の孟晩舟最高財務責任者(CFO)に対する刑事訴訟について、司法取引を孟氏の弁護団と協議している。

ただ、バイデン政権になって事態が急展開するか現段階では不透明だ。バイデン氏は今週、米紙ニューヨーク・タイムズ(NYT)とのインタビューで、トランプ政権が中国製品に対し発動した制裁関税を撤廃する措置はすぐには取らない考えを示している。

3日は、中国に批判的な米議員とチャイナ・デーリーのジャーナリストの間で批判の応酬が繰り広げられた。

共和党のマーシャ・ブラックバーン上院議員はツイッターで、中国のことを「いかさまと盗みの5000年の歴史」と証拠を示さず指摘。これに対し、チャイナ・デーリーの陳衛華氏は、ブラックバーン氏を「人種差別主義者で無知」などと批判した。

中国共産党機関紙の人民日報傘下の国際情報紙「環球時報」の胡錫進編集長も4日、ツイッターでブラックバーン氏を非難した。

*環球時報編集長、米議員のツイートなどを追加しました。

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナ春に収束向かう? 医師予想

    シェアーズカフェ・オンライン

  2. 2

    医師が日本のワクチン報道に嘆き

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    料金高騰が示す電力自由化の功罪

    WEDGE Infinity

  4. 4

    音喜多氏が居眠り謝罪 歳費返納

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    独身でいる理由 男女の5割で共通

    ニッセイ基礎研究所

  6. 6

    コロナ禍のバイト店員私語に苦言

    かさこ

  7. 7

    五輪中止なら湾岸タワマン暴落か

    NEWSポストセブン

  8. 8

    時短応じぬ外食大手に賛同 なぜ?

    御田寺圭

  9. 9

    SEXなく…夫に不倫自白した女性

    PRESIDENT Online

  10. 10

    感染拡大するスウェーデンの日常

    田近昌也

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。