記事
  • ロイター

イラン、さらなる拘束者取引に応じる用意ある=外相


[ローマ 3日 ロイター] - イランのザリフ外相は3日、英国とオーストラリアの二重国籍を持つ女性学者カイリー・ムーアギルバートさんを解放する見返りにタイで拘束されていた3人のイラン人が解放された例を踏まえ、さらにこうした取引を行なう用意があると表明した。

外相は、イタリアで行われた外交関連会合にビデオで発言し、「われわれはいつでも取引に応じることができる。それは全員の利益につながる。きょうにも明日にも可能だ」と述べた。

また質問に対し、「実際、イランからいくつかの取引を提案している」と述べたが、詳細には触れなかった。

ムーアギルバートさんはオーストラリアのメルボルン大の中東政治専門家。2018年にイランで拘束され、スパイ活動を行った罪で禁錮10年の判決を受けて収監されていたが11月25日に解放された。同時にタイで3人のイラン人が解放された。

イランの革命防衛隊はここ数年、多くの二重国籍者をスパイ容疑で逮捕している。人権団体は他の国との交渉材料が目的と非難しているが、イラン側は否定している。

ザリフ外相は、欧米やアフリカで「違法に」収監されているイラン人が多数いるとしている。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

トピックス

ランキング

  1. 1

    不安煽るワクチン報道に医師呆れ

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    老害タグを茂木健一郎氏が批判

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    極限の克行氏 真相供述で逆転か

    郷原信郎

  4. 4

    電通本社ビル売却検討 何が衝撃?

    かさこ

  5. 5

    五輪中止で32年開催狙うか 英紙

    ロイター

  6. 6

    政治に怒らぬ若者 そのワケは?

    BLOGOS編集部PR企画

  7. 7

    河野大臣 本人確認の不便さ指摘

    河野太郎

  8. 8

    「もう終わりだ」Qアノンの落胆

    Rolling Stone Japan

  9. 9

    ワクチン接種した日本人の感想は

    木村正人

  10. 10

    司法試験 受験者数763人減は深刻

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。