記事

岩隈引退&近藤戦力外で現役在籍選手はついに坂口一人だけ…消えゆく近鉄バファローズの行方 - 広尾 晃

 このたび引退を表明した岩隈久志の偉大さは、大阪近鉄バファローズ、東北楽天ゴールデンイーグルス、シアトル・マリナーズと所属した3つのチームでエースの活躍をしたことだ。最後の巨人では登板できなかったが、その21年のプロ野球生活は、見事の一言だと思う。

【写真】この記事の写真を見る(11枚)

 とりわけ、2004年の球界再編騒動によって姿を消した近鉄バファローズで活躍したことが印象深い。「とーぶくーも、とぶこーえ、とーぶボール」という球団歌を歌える人は、今、どれくらいいるだろうか?

「色の薄い関西の四男坊」だった近鉄バファローズ

 昭和の時代、関西には阪神タイガース、阪急ブレーブス、南海ホークス、近鉄バファローズと電鉄会社が経営する4つの球団がひしめいていたが、近鉄はその中でも「色の薄い」球団だった。

最後の日本シリーズとなった2001年の対ヤクルト戦 ©文藝春秋

 吉本興業とともに自他共に許す「大阪、関西の顔」だった阪神、「ええとこの子」が住む「山の手のチーム」阪急、ディープな「なにわあきんどのチーム」南海、これに対し、上本町に本社がある近鉄は辛うじて大阪につま先を入れてはいるものの、近郊都市を走るローカル線という印象が強かった。創設年次も一番後で「関西の四男坊」という印象だった。

 かく言う筆者も、奈良県から大阪市内に近鉄奈良線で通学していたのだが、沿線への愛着はあまりなかった。だから同級生の影響で、小学校低学年から南海ファンになったのだ。

「エースが一人で勝手に投げていた」

 南海ファンにとって近鉄は目障りな存在だった。少し前までテールエンダーだったのに、前阪急監督の西本幸雄が監督に就任してからにわかに強くなったからだ。西本監督は就任当時のバファローズについて

「近鉄と言うチームは、阪急と比べたら大人と子供くらいの差がありました。梨田(昌崇=現・昌孝)や栗橋(茂)、羽田(耕一)など素質のある選手はいましたが、野球を知らなかった。そして鈴木啓示が一人で勝手に投げていたんです」

 と語っているが、バラバラだったチームが西本監督の強力な統率力で優勝争いに顔を出すようになったのだ。

「近鉄電車ではよ帰れ!」

 南海ファンは「近鉄ファンは南海の応援の真似をする」と言って憤慨したものだ。

 大阪球場では、近鉄の選手が失策をすると

「やった、やった、またやった、石渡(茂)がやった、またやった、近鉄電車ではよ帰れ!」

 とはやし立てたが、近鉄は南海の選手が失策をすると同じように、

「南海電車ではよ帰れ!」

 とやったのである。

「まねすなー!」と南海ファンは怒ったものだ。

 1980年代中ごろ、南海の正捕手の座はドカベンこと香川伸行と、吉田博之が争っていた。

 南海ファンは吉田が打席に立つと

「吉田、吉田、おとこまえ!」と声援を送った。

 横浜高校出身でしゅっとした風貌の吉田は女性ファンが多かった。しかしそれ以上に「ドカベン香川に比べりゃ男前」というニュアンスが強かった。

 ところが近鉄ファンは自軍の正捕手、山下和彦に

「山下、山下、おとこまえ!」とやったのだ。

「それは違うぞ!」と一塁側の南海ファンは三塁側に向けて怒った。

「山下の顔見てみい、ドカベンとええ勝負やないか!」

 どっちの応援団も100人そこそこ、両陣営のやじ合戦はお客がまばらな球場に響き渡ったものだ。

 当時のパ・リーグの試合で最も沸いたのは、試合中に流れる「他球場の試合経過」で、阪神がリードしているとアナウンスされたときだ。関西球団同士の試合では、両軍の観客席から拍手、歓声が起こった。筆者はずいぶん寂しく思ったものだ。いま思えば、いろいろと“遠い”時代である。

地元住民に迷惑がられたプロ野球チーム

 近鉄ファンの気勢が今一つ上がらなかったのは、本拠地球場がはっきりしない、ということも大きかった。

 近鉄バファローズの本拠地は、公式には近鉄南大阪線藤井寺駅近くにあった「藤井寺球場」だった。しかしこの球場にはナイター設備がなかった。照明の鉄塔を建てた段階で近隣住民が反対したからだ。藤井寺球場でのデーゲームは「寒かった」「暑かった」くらいしか記憶がない。それにしても地元住民が応援するどころか、迷惑がるプロ野球チームって……。

 実質的な本拠地は大阪市内の「日生球場(日本生命球場)」だった。こちらはアクセスも良く、通いやすい球場ではあったが「近鉄電車で行けない」ことがファンの癪の種だった。国鉄(JR)、地下鉄の森ノ宮駅が最寄りだったが、近鉄ファンの友人などは近鉄鶴橋駅から30分かけて歩いて通ったものだ。

 森ノ宮駅を降りて、真西へ。右に大阪城を眺めながらなだらかな坂を上り、緩やかにカーブした大階段を上って球場に入るのだ。石畳には、野球場を模したデザインの敷石が敷いてあった。それを見るだけで心がうきうきしたものだ。日生球場は今はなく商業施設になっているが、敷石は当時のままだ。

「昭和の野球」のラストシーン…運命の「10.19」

 1988年に南海ホークスがダイエーに買収されて九州に去り、阪急ブレーブスがオリエント・リース(翌年からオリックス)に買収されてチームカラーを一変させる中、近鉄は、この年、運命の「10.19」を迎える。

 この日、川崎球場で行われたロッテとのダブルヘッダーで近鉄は2勝すれば、西武を抜いてシーズン優勝が決まる。第1戦を勝利した近鉄だが、2戦目はロッテの粘りにあって引き分けに終わって涙を飲んだ。

 散々語りつくされた球史に名高いドラマだから、ここでは詳しくはふれないが、この時の近鉄は、10月7日から続いたダブルヘッダー2回を含む15連戦の最終戦であり、ナインは疲労の極にあったことは付記しておきたい。

 当時サラリーマンだった筆者は残業のために定食屋で晩飯を食べていたが、あまりの盛り上がりに店主のおやっさんがコップにビールを注いで持ってきて、一緒にテレビに見入ることとなった。ビールを飲み終わっても終わらなかったので、上司と一緒に会社の会議室のテレビで決着まで見た。久米宏の英断で「ニュースステーション」中も野球中継になったが、時間切れ引き分けが決まった瞬間に、社内から大きなため息が出た。

 この日の近鉄バファローズは、間違いなく「全国区」の注目を集めた。近鉄バファローズ54年の歴史で最も人気があった瞬間ではないか。思えばこれが「昭和の野球」のラストシーンではあっただろう。

21世紀最初の年に打ち上げられた「近鉄バファローズ最後の花火」

 元号が平成と変わった翌年、近鉄は大阪府の唯一の球団となったが、人気はさして上がらなかった。野茂英雄の快投が球界をにぎわしたが、5年でMLBに移籍。球団側と移籍をめぐってもめ事が起こった。

 打線が売り物で「いてまえ打線」と言われ、ラルフ・ブライアント、中村紀洋、タフィー・ローズとホームランバッターは出たが、荒っぽいチームというイメージだった。

 1997年に大阪ドーム(現京セラドーム大阪)が開場すると、近鉄はこれを本拠地とする。

 大阪ドームに移転後のハイライトは、2001年の優勝だろう。この年最終戦となった9月26日のオリックス戦の9回裏に北川博敏が「代打逆転満塁サヨナラ優勝決定釣銭なしホームラン」を打って優勝を決めたのだ。

「釣銭なし」とはその一打できっちり1点勝ち越して勝負を決めるような本塁打のことだ。余りの点がないから「釣銭なし」である。釣銭なしの代打サヨナラ満塁ホームランはプロ野球でこれ以前には1回しかなかった。しかも優勝決定。「日本プロ野球史上最高の一打」とさえいわれたあまりに劇的すぎる一打である。これが近鉄最後の優勝であり、最後の花火となった。

 この2001年に一軍デビューをした岩隈久志が最後のエースに育っていく。2003年、2004年と15勝を挙げ、2004年は最多勝。長身から繰り出す速球は切れ味があった。また若いころから制球力が抜群だった。

 この年に「球界再編騒動」が起こり、大阪近鉄バファローズはオリックス・ブル―ウェーブと合併することとなった。

 分配ドラフトで、岩隈はオリックスに移籍することに決まったが、彼はこれを拒絶し、新球団、東北楽天ゴールデンイーグルスに入団。お公家さんのような風貌だが、気骨のある人だったのだ。

あまりに「らしすぎる」バファローズの現在地

 2007年に近鉄が資本を引き揚げ、球団名こそオリックス・バファローズのままだが、近鉄は球史から完全に消えた。

 近鉄バファローズでプレーした選手は、2020年シーズン開幕時には、巨人の岩隈久志、ヤクルトの近藤一樹、坂口智隆の3人だったが、このオフに岩隈が引退、近藤も戦力外を通告された。残されたのは坂口ただ一人。近鉄バファローズの血脈は風前の灯火だ。

 関西のパ・リーグで覇を競った阪急ブレーブス、南海ホークスは、いずれもグループの商業施設に球団の歴史を顕彰するささやかなミュージアムを設けているが、近鉄バファローズにはそうした施設もない。

 その素っ気なさ、愛想のなさも、キャラの薄い近鉄バファローズにはふさわしいと思ってみたりもするのである。

(広尾 晃)

あわせて読みたい

「プロ野球」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相を吊し上げ 予算委の惨状

    青山まさゆき

  2. 2

    コロナで世帯数激減 23区の危機

    中川寛子

  3. 3

    河野大臣のTwitterに感じる恐怖

    文春オンライン

  4. 4

    絶望する今の日本を歓迎する人々

    NEWSポストセブン

  5. 5

    原監督と溝? 桑田氏G復帰に驚き

    WEDGE Infinity

  6. 6

    Kokiの大胆写真にキムタクは複雑

    文春オンライン

  7. 7

    安藤美姫が指導者にならない事情

    文春オンライン

  8. 8

    坂上忍に批判殺到「二枚舌だ」

    女性自身

  9. 9

    医療崩壊への切り札封じる菅政権

    小西洋之

  10. 10

    バイデン氏の大統領令に反発も

    My Big Apple NY

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。