記事

【読書感想】内澤旬子の 島へんろの記

1/2

内澤旬子の 島へんろの記

内澤旬子の 島へんろの記

  • 作者:内澤 旬子
  • 発売日: 2020/11/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


Kindle版もあります。

内澤旬子の島へんろの記

内澤旬子の島へんろの記

  • 作者:内澤 旬子
  • 発売日: 2020/11/19
  • メディア: Kindle版

般若心経を唱え、迷って、歩いて、また迷って――。四国八十八ヶ所だけでなく、香川県最大の島である小豆島の中に八十八ヶ所の霊場があることはあまり知られていない。海あり山ありの風光明媚な遍路道、祈ることの意味、島民とのふれあいなど、島に移住した人気エッセイストが書き尽くす、結願まで約2年の迷走巡礼記!

 四国八十八ヶ所の霊場を巡礼する「お遍路」は有名ですし、僕も興味があって、さまざまな「体験記」を読んできたのですが、小豆島の島内にも、そのミニチュア版(という言い方は適切ではないかもしれませんが)の「島へんろ」というのがあるんですね。この本を書店でみかけてパラパラとめくり、はじめて知りました。

 「何か活字を目で追いたいけれど、なんだか疲れていて、長い物語を自分で整理しながら読んだり、書き手の感情が重すぎたりするのはつらいな……」というときって、ありませんか?
 僕はそういうとき、エッセイ集か旅行記を手に取ることが多いのです。
 今日は、なかなかこの気分にあてはまる本がないなあ、と新型コロナ感染予防のため、長時間の滞在を避けるように、というアナウンスが流れているTSUTAYAをさまよっていた末に、見つけたのがこの本でした。
 小豆島やお遍路に、そんなに興味津々、というわけでもなかったのだけれど。

 著者の内澤旬子さんのことを知ったのは、『世界屠畜紀行』という著書が話題になった2011年でした。

fujipon.hatenadiary.com

 小豆島に移住された、というのは知っていたのですが、乳がんの闘病やストーカー被害など、いろんなことがあった内澤さん。バイタリティにあふれた人だなあ、と感心するのですが、本人には、「なんで自分は生きていて、自分よりずっと生きようと頑張っていた同じ病気の人は生きられなかったのだろう」というような葛藤もあった(というか、現在でもある)そうです。

 関東で生まれ暮らしてきた身としては、島といえば東京都下の伊豆七島を思い浮かべるので、港は各島ほとんどひとつか二つだし、つながりも、伊豆半島か、東京方面かという具合で、方向的にはひとつ。本州に無理やりしがみつくようなイメージ。一方、まるで蜘蛛の巣のように四方に航路を延ばしている小豆島は、孤立感が非常に少ない。本州の中にいるようなものだ。瀬戸大橋ができて、四国が本州とつながって以降、余計に生け簀、じゃなくて内海の中にいる感じが強い。

 という島である。当然のことながら、一日歩けばぐるっと一周できるなどという広さではない。はじめて来た時は、車で朝から夕方まで、一日かけて海岸線を一周、案内していただいたくらい。当然お遍路巡礼も、一日で回りきるなどということは、できそうにない。なにしろ札所の数は四国と同じ、八十八もあるのだ。

 そう、四国と同じで八十八の霊場があるってことは、なんとなく知っていた。車でその辺を走っていれば、「第〇番札所 〇〇寺」という看板に出くわす。歩いていると「へんろ道」と書いた指さし看板も、ちょこちょこついている。え、ここが?? けもの道じゃないの? というような山の小道を指していることも多くて、ぎょっとするのだ。

 四国の八十八か所を歩いたことがあるわけではない。高松近辺のいくつかのお寺は車で立ち寄ったことはある。どこも島の寺院に比べて巨大で、はじめの門をくぐって大木が並ぶ風情ある参道を歩くだけで、まあまあ大変であり楽しめた。ただし、友人のエッセイスト宮田珠己氏の『だいたい四国八十八か所』(集英社文庫)によれば、巡礼路の全体を俯瞰すると、ほとんどが国道のつまんない道だという。そりゃそうだろうなと当時は妙に納得した。あれだけ大きい島、じゃないや、四国なのだもの。

 小豆島の八十八か所の霊場をめぐる「島へんろ」なのですが、一気に島を歩いて一周する、というのではなくて、「八十八か所を細切れにして、朝から昼過ぎ、あるいは夕方までに行ける範囲の何か所かを少しずつ回っていく」という方法で行われています。
 内澤さんは家でヤギを飼っていて、その餌やりのために、終日家を空けるのは難しいのです。
 日常を捨てて、ひたすら次の目的地に向かって歩いていく、という、非日常に没入していく感じではなくて、二年近くかけて、少しずつ霊場を歩いて巡っていった記録になっているのです。

 期間が長いので、そのお遍路の間にも、プライベートでさまざまなことが起こってきます。

 四国に比べれば、ずっと狭い小豆島、それも、細切れにして半日で行ける距離くらいが一回分だから、そんなにきつくないのでは……とも思います。実際、命の危険を感じるような事態にはなりませんし、旅先での人との濃密な出会いもありません。「山道を歩いているときには、誰とも出会わなかった」と内澤さんも書いておられます。
 ただ、それだけに、日常感があるというか、「お遍路」とはいっても、頭の中では、けっこう邪念というか、いつもと同じようなことを考え、言語化しながら歩いているのが伝わってきて、人間って、そういうものだよなあ、と安心するのです。

 この「島へんろ」を読んでいると、道がわかりにくくて、迷ってしまう話がとにかくたくさん出てきます。  

あわせて読みたい

「書評」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    庶民に自粛させ豪遊する自公幹部

    田中龍作

  2. 2

    歯磨きで感染? 断定報道「誤り」

    川島透

  3. 3

    感染減 季節性よりGoToが要因か

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    病院長解任に「旭川医大の酷さ」

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    携帯新料金 武田氏一転して評価

    赤木智弘

  6. 6

    小池氏が応援遊説 宣言下に驚き

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    「支持できない」枝野代表に直撃

    たかまつなな

  8. 8

    ワクチン接種 大混乱生む可能性

    川名 ゆうじ

  9. 9

    サンダース氏写真 撮影者が不満

    Rolling Stone Japan

  10. 10

    国民煽る河野氏「和製トランプ」

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。