記事
  • ロイター

トランプ米政権、移民・ビザ政策で新規則の導入を推進=高官


[ワシントン 3日 ロイター] - 米国土安全保障省の複数の高官によると、トランプ政権は1月の任期終了を控え、看板に掲げてきた移民政策で新たな規制の導入を推進している。

バイデン次期大統領はトランプ氏が実施した厳しい移民政策の多くを廃止すると表明しているが、こうした動きはこの取り組みを遅らせる可能性がある。

トランプ政権は今週、中国共産党の党員およびその家族による米国への渡航を制限する新たな規制を導入した。新規則では、これまで最長10年だった党員と家族向けの短期商用・観光(B1・B2)ビザの有効期間が最長1カ月に短縮された。

国土安全保障省の高官らによると、政権はこのほか、専門性の高い知識や技術を有する外国人労働者に発給される専門職ビザ「H1B」について、抽選制度ではなく、給与の高い順に割り当てる制度に変更することなどを目指しているという。

また、亡命を制限する新規則や、連邦当局に対し、家族ビザの申請者やそれをスポンサーする米市民・永住者のDNA採取を認める規則の導入も、加速させる可能性がある。

留学生、文化交流目的の訪問者、外国人ジャーナリスト向けビザの規則厳格化に向けた措置も導入が検討されている。

規則の変更は政府機関が策定した規制上の措置の形を取り、議会の承認を必要としないが、連邦法に基づく法的な手続きが必要となる。

高官の1人によると、移民政策推進の取り組みは国土安全保障省のクッチネリ副長官代行が主導している。

ホワイトハウスと同省はコメントを控えた。

トピックス

ランキング

  1. 1

    即入院の石原伸晃氏 特権許すな

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    陽性率が低下 宣言2週間で効果か

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    マニアが絶賛 無印カレーの凄さ

    文春オンライン

  4. 4

    テレ東が報ステ視聴者奪う可能性

    NEWSポストセブン

  5. 5

    池上風? たかまつななは殻破るか

    宇佐美典也

  6. 6

    慰安婦判決 文政権はなぜ弱腰に

    文春オンライン

  7. 7

    若者からの感染波及説は本当か

    青山まさゆき

  8. 8

    起業に求めてはならぬカネと安定

    ヒロ

  9. 9

    非正規が休業手当貰えぬカラクリ

    田中龍作

  10. 10

    現場から乖離した教育学の問題点

    やまもといちろう

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。