記事
  • ロイター

英国、コロナワクチンの副作用は現行賠償制度でカバーへ


[3日 ロイター] - 英政府は3日、新型コロナウイルスのワクチン接種により深刻な副作用が出た場合、現行の賠償制度で一時金を支払う方針を明らかにした。

保健省は、新型コロナウイルスを「ワクチン損害賠償スキーム(VDPS)」でカバーする病気のリストに加えると発表した。

VDPSは1979年に設立された制度で、はしかやインフルエンザ、天然痘など、一般的なワクチンで副作用が出た人をカバーしている。この制度下では、予防接種により重度の障害を負ったことを証明できれば、12万ポンド(16万1676ドル)を上限に一時金を受け取ることが可能。

各国政府や製薬会社が新型コロナワクチンの開発と承認を記録的スピードで加速させる中、ワクチンの安全性や副作用が出た場合の補償を巡りここ数カ月議論が高まっている。

トピックス

ランキング

  1. 1

    不安煽るワクチン報道に医師呆れ

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    老害タグを茂木健一郎氏が批判

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    電通本社ビル売却検討 何が衝撃?

    かさこ

  4. 4

    極限の克行氏 真相供述で逆転か

    郷原信郎

  5. 5

    五輪中止で32年開催狙うか 英紙

    ロイター

  6. 6

    政治に怒らぬ若者 そのワケは?

    BLOGOS編集部PR企画

  7. 7

    河野大臣 本人確認の不便さ指摘

    河野太郎

  8. 8

    「もう終わりだ」Qアノンの落胆

    Rolling Stone Japan

  9. 9

    ワクチン接種した日本人の感想は

    木村正人

  10. 10

    司法試験 受験者数763人減は深刻

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。