記事

コロナ禍で「年賀状スルー」に歯止め? 敢えて書く人の想い

ピーク時から半分以下に落ち込んでいる年賀状の発行枚数(時事通信フォト)

 師走に入ってもコロナ禍の深刻化が止まらない。そんな中、早くも年賀状の準備を始めた人々もいるだろう。“年賀状スルー”が叫ばれる一方で、こんな時季だからこそ心を込めた年賀状を、という人もいる。ジャーナリストの山田稔氏が最新の年賀状事情を探った。

【写真】筆ペン使用のあて名書き

 * * *

 2020年の年賀状発行枚数は過去最低の19億4198万枚で前年比17.8%の大幅減となった。10年連続の減少で、減少率は過去最大である。ピーク時の2003年の発行枚数は約44億6000万枚だったから、17年間で半分以下に落ち込んだことになる。

 ところが、今年は思わぬ出来事があった。10月29日の発売直後、販売サイトに「嵐年賀状」と「『鬼滅の刃』年賀はがき」の注文が殺到する騒動が起きたというのだ。年賀状にこれだけ大きな注目が集まったのは久しぶりではないか。

 とはいえ、年賀状を取り巻く環境は厳しさを増す一方だ。販売枚数と実際の配達枚数の差は数億枚あるとの報道もある。配達する郵便局員の負担も大きい。元日の配達は、働き方改革に逆行するシステムだ。11月27日に改正郵便法が成立し、来年秋にも土曜日配達と翌日配達が廃止される見通しだ。この先も、年賀状だけ特別扱いが通用するのだろうか。

 そもそも年賀状はいつごろから慣習として定着したのだろうか。年賀状の原型は古くは平安時代にあったというが、国民の間で年賀状を出すことが定着したのは明治20(1887)年前後だという。年内に受け付けて元日に配達するシステムとなったのは、年賀郵便制度を導入した明治32(1899)年からだ。国民レベルでは百数十年の歴史があることになる。

 その歴史ある年賀状文化だが、ここ数年「スルー」派が増えている。メールやツイッター、フェイスブックなどSNSに押される一方のうえ、人生の終活を控えリセットしようという高齢者も増えているのだ。このまま衰退の一途となってしまうのか。

「2021年年賀状」を出す人、出さない人

 一般社団法人「くらしのいいもの研究所」が行ったアンケート調査(回答者10代~70代の337人)によると、「年賀状を毎年出している」は62.3%、「いいえ」は37.7%だった。「今後出す人の数はどうなると思うか」についての質問には、「例年と変わらない」が43.9%、「減ると思う」38.6%、「増えると思う」17.5%となっている。それぞれの主だった理由は次の通りだ。

【変わらない】

・年賀状とコロナは関係ない

・年賀状を出すのは習慣でもあるので、あまり変わらないのでは?

【減る】

・多くの人が手に触れる年賀状は「危険」と判断する人が多くなると思う

・コロナウイルスとは関係なく、時勢として今後も減少すると思う

【増える】

・家にいる時間が増えるので手の込んだ年賀状を書いてみようと思う人が増えそう

・遠方への帰省が難しい状況なので、年賀状で新年の挨拶をする人が増えそう

 ネット上の声を拾ってみると、やはり若年層ユーザーが多いからか、ネガティブな声が目立った。

〈コロナを機に思い切ってやめてしまうという手もあるなぁ〉

〈年賀状、準備しなきゃ。今年から出す枚数減らすんだった〉

〈ユウチョ勤めの友達が、ノルマが……ゆうてたん思い出すから年賀状スルー〉

〈今年はコロナだから年賀状は自粛でもよろしいでしょうか〉

 だが、その一方で「積極派」も少なくないのが今年の特徴といえる。

〈この数年お休みしていた年賀状を再開。やはりコロナ禍の影響が大〉

〈年賀状、フェイドアウトしようかと思ったのですが、コロナ禍でみんなと会えないので、がっつり送ることにしました〉

〈今年は手書きのメッセージってのもいいのかもね〉

〈今年はコロナ禍だからこそ、見たら笑っちゃうような年賀状デザインにしてみました〉

〈コロナ禍で出歩けないのも辛いよねー。今年の年賀状は凝りまくっちゃおう〉

 筆者の周辺の声も拾ってみた。

「ハガキの年賀状は1枚も出しません。基本はLINEかメッセンジャーで、貰ったら返事をするという感じ。自分ではインスタにかわいくデコってアップする予定」(20代女性)

「毎年80枚ほど出していましたが、本当に大切な相手は20人ほど。残りの方は毎年いただくので出しているだけで、一言添える文面にも苦労しています。コロナ禍を機に大幅に減らそうと思っています」(40代後半の主婦)

「表も裏も印刷された賀状を見るときほど虚しいことはない。虚礼そのものだね。僕は数年前から9割はメールに切り替え、大事な人にだけ手書きの賀状を送っています。使い分けでいいんじゃないかな」(50代男性)

 人それぞれと言えばそれまでだが、それでも今年はコロナ禍だから敢えて出す、スルーはしないという傾向もみられるようだ。

「今年はコロナで同窓会もできなかったし、結婚式が延期になった友だちもいます。せめて年賀状で心を込めた挨拶をしたいですね」(30代女性)

「コロナを言い訳に、年賀状でしかやり取りしていなかった友人との関係を整理してしまうのもアリですが、今年ほど人とのコミュニケーションや触れ合いがなくて寂しい年はなかったから、もう少し続けてみようという気持ちです」(40代男性)

「コロナ禍で改めて運命だとか諸行無常だとか考えさせられました。年賀状は面倒で手間もかかりますが、これまでの出会いや縁を振り返るいい機会。今年はきちんと書こうと準備しています」(60代男性)

 少子高齢化やデジタル・オンライン化の急速な進展で、衰退の一途をたどってきた「年賀状文化」。アナログの年賀状発信は年々縮小しているが、コロナ禍で人とのコミュニケーション手段が制限される中、新年の挨拶や近況報告はしっかりしておきたいと考える人が再び増えているのも確かだ。

あわせて読みたい

「年賀状」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    不安煽るワクチン報道に医師呆れ

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    極限の克行氏 真相供述で逆転か

    郷原信郎

  3. 3

    老害タグを茂木健一郎氏が批判

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    電通本社ビル売却検討 何が衝撃?

    かさこ

  5. 5

    政治に怒らぬ若者 そのワケは?

    BLOGOS編集部PR企画

  6. 6

    五輪中止で32年開催狙うか 英紙

    ロイター

  7. 7

    河野大臣 本人確認の不便さ指摘

    河野太郎

  8. 8

    ワクチン接種した日本人の感想は

    木村正人

  9. 9

    「もう終わりだ」Qアノンの落胆

    Rolling Stone Japan

  10. 10

    菅政権が見落とした学者の二面性

    内田樹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。