記事
  • ロイター

ポーランド、EU予算の拒否撤回も 法の支配で解釈宣言採択なら


[ブリュッセル 3日 ロイター] - ポーランドのゴウィン副首相は3日、欧州連合(EU)予算と法の支配の関連付けを巡って、EU首脳らが解釈宣言を採択するなら、ポーランドは予算に対する承認拒否を取り下げてもよいという考えを示した。

「良い妥協点を見いだすことが全加盟国の利益にかなうと確信しており、(法の支配に関する)拘束力のある解釈宣言を通じて、そのような妥協が可能になる」と指摘。解釈宣言は欧州理事会が採択し、EU資金の適切な利用を除いて、条件付き規則が個々の加盟国に不当な圧力をかけるために行使されない点が明記されるべきと述べた。

EU予算と新型コロナウイルス復興基金を巡っては、法の支配の尊重が利用条件に盛り込まれたことに反発し、ハンガリーとポーランドが承認を拒否している。EU首脳会議は来週10─11日に開かれる。

トピックス

ランキング

  1. 1

    「もう終わりだ」Qアノンの落胆

    Rolling Stone Japan

  2. 2

    菅政権が見落とした学者の二面性

    内田樹

  3. 3

    ワクチン接種した日本人の感想は

    木村正人

  4. 4

    極限の克行氏 真相供述で逆転か

    郷原信郎

  5. 5

    司法試験 受験者数763人減は深刻

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  6. 6

    伊藤忠変えた利益追求のカリスマ

    ヒロ

  7. 7

    不安煽るワクチン報道に医師呆れ

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    なぜ国会議員は居眠りするのか

    千正康裕

  9. 9

    20年後の日本は「超独身大国」

    PRESIDENT Online

  10. 10

    コロナ闘病した医師が明かす教訓

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。