記事
  • ロイター

再送米新規失業保険申請71.2万件、予想超え減少 なお2000万人超受給


[3日 ロイター] - 米労働省が3日発表した11月28日までの1週間の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は71万2000件と、前週の78万7000件から減少した。

アナリスト予想の77万5000件を超えて減少したものの、新型コロナウイルス感染拡大が継続し、政府の財政支援策に欠く中、申請件数は引き続き高止まりしている。

ムーディーズ・アナリティクス(ペンシルベニア州)のシニアエコノミスト、ライアン・スウィート氏は、「労働市場の回復が依然として苦難に満ちており、年末に近づくにつれ何百万人もの失業者が失業給付を受けられなくなるリスクが高まっている」と指摘。「感謝祭の祝日が季節調整を行う上で問題になる可能性がある」とした上で、「失業保険申請は引き続き労働市場の困難な回復を示唆している」と述べた。

政府監査院(GAO)は30日、新型コロナウイルスの感染拡大局面における新規失業保険週間申請件数の算出が不正確だとし、政策当局者の危機対応が困難になる可能性を指摘する報告書を発表した。

オックスフォード・エコノミクスの主任エコノミスト、ナンシー・バンデンフーテン氏は「多少誇張されているとしても、何百万もの人々が失業給付金を受け取っている」と述べた。

調整前の新規失業保険申請件数は71万3824件と、前週から12万2453件減少。コロナ禍で引き起こされた経済的な衝撃で申請件数の季節調整が難しくなっていることから、エコノミストは調整前の数字にも注目している。

11月21日までの1週間の失業保険受給総数は552万件と、前週から57万件減少した。

11月14日の週に何らかの失業保険を受けた人は2016万人と、前週から35万人減少。前年の同時期は157万人余りだった。

自営業者や単発の仕事を請け負う「ギグワーカー」などに適用されるパンデミック失業支援(PUA)を受けている人は887万人と、前週から34万人減少。失業保険の受給期間を最長13週延長するパンデミック緊急失業補償(PEUC)を受けている人は457万人と、前週から6万人増加した。双方を合わせた受給者数は約1340万人に達するが、両プログラムとも12月26日に失効する見通し。このためクリスマス休暇中に大勢の人が収入を失う恐れがある。

*文言を一部修正しました。

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相を吊し上げ 予算委の惨状

    青山まさゆき

  2. 2

    コロナで世帯数激減 23区の危機

    中川寛子

  3. 3

    河野大臣のTwitterに感じる恐怖

    文春オンライン

  4. 4

    志村さん TVに映らぬ圧倒的努力

    PRESIDENT Online

  5. 5

    絶望する今の日本を歓迎する人々

    NEWSポストセブン

  6. 6

    携帯新料金 武田氏一転して評価

    赤木智弘

  7. 7

    バイデン氏の大統領令に反発も

    My Big Apple NY

  8. 8

    原監督と溝? 桑田氏G復帰に驚き

    WEDGE Infinity

  9. 9

    坂上忍に批判殺到「二枚舌だ」

    女性自身

  10. 10

    SNSが引き出した日本のトレンド

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。