記事
  • ロイター

英サービス部門PMI、11月は47.6に低下 来年の楽観論強まる


[ロンドン 3日 ロイター] - IHSマークイット/CIPSが発表した英国の11月のサービス部門購買担当者景気指数(PMI)改定値は47.6で、前月の51.4から低下した。好不況の分かれ目の50を6月以来初めて割り込んだが、速報値の45.8や、4月に記録した過去最低の13.4は上回った。

新型コロナウイルスの感染再拡大を受けて、英国では4週間の部分的なロックダウン(都市封鎖)が導入されたが、事業への影響は1度目のロックダウンほどではなく、調査では企業が2021年の見通しについてより楽観的になっていることが分かった。

製造業とサービス部門を合わせた総合PMI改定値は49.0となり、前月の52.1から低下。6月以来の低水準になったが、速報値の47.4からは上方に改定された。

IHSマークイットのエコノミスト、ティム・ムーア氏は「意外なことではないが、再度のロックダウンやその他の行動規制は英国の民間セクターを再び縮小に追い込んだ。しかし、ホスピタリティーやレジャー、旅行以外のセクターへの打撃は、最初のロックダウンと比べるとかなり穏やか」との見方を示した。

新型コロナワクチンの有効性に関する明るいニュースが出たことで、サービスPMIを構成する企業の楽観度指数が押し上げられ、2月に付けた5年ぶり高水準以降で最も高い数値となった。

イングランド銀行(英中央銀行)の調査によると、企業は2021年第2・四半期の売上高についてコロナ禍前水準から2%の減少にとどまると予想。前月の8%から改善した。

サービス部門PMIの調査は11月12─26日に、英中銀の調査は同6─20日に実施され、大半の回答は米ファイザーと独ビオンテックによる新型コロナワクチンのニュースが報じられた同9日以降のものだった。

英中銀の調査によると、欧州連合(EU)内と取引がある企業は移行期間が終了する来年以降の関税に準備を進めていることも判明。ただ、約3分の1の企業は全く備えていないか、一部の備えしかしていないという。

*内容を追加しました。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください。)

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    首相ぶら下がり、評判悪いわけ

    安倍宏行

    02月28日 06:52

  2. 2

    林修の冠番組が相次ぎテコ入れ 内容が大きく変わったのはなぜか?

    NEWSポストセブン

    02月28日 07:33

  3. 3

    地銀を三重苦の崖っぷちに追い込む「給与デジタル払い」解禁の裏事情

    大関暁夫

    02月27日 11:20

  4. 4

    菅息子のルックス批判、クラブや薬物への偏見を許すな ビートたけしは発言を撤回せよ

    常見陽平

    02月28日 10:10

  5. 5

    国民民主党が提言する政策は、与党から丸呑みされるくらい完成度が高いということかしら

    早川忠孝

    02月27日 16:22

  6. 6

    下町の食料配布 缶詰2カンで「今晩の食事はこれだけ」

    田中龍作

    02月27日 21:33

  7. 7

    3月4月頃から世界や社会の流れが「逆流」するかもしれない話

    かさこ

    02月27日 09:52

  8. 8

    酒と泪と男とワセジョ。山田真貴子内閣広報官の経歴から感じたこと【超雑談】

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    02月28日 09:37

  9. 9

    『青天を衝け』草なぎ剛&木村佳乃の共演にテレビ界が驚く理由

    NEWSポストセブン

    02月27日 17:45

  10. 10

    政治未経験だったトランプ前大統領が受け、政治家30年以上の菅総理が受けない理由

    青山社中筆頭代表 朝比奈一郎

    02月27日 07:34

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。