記事
  • ロイター

ユーロ圏総合PMI改定値、11月は45.3に大幅低下 コロナ規制で


[ロンドン 3日 ロイター] - IHSマークイットが発表した11月のユーロ圏総合購買担当者景気指数(PMI)改定値は45.3で、10月の50.0から大幅に低下した。新型コロナウイルス対策で再導入した規制が響いた。

景気拡大・縮小の分かれ目となる50を下回った。速報値(45.1)からは上方改定された。

IHSマークイットの首席ビジネスエコノミスト、クリス・ウィリアムソン氏は「ユーロ圏経済は11月に再び悪化した。新型コロナ対策が強化され、企業活動は新たな規制で再び打撃を受けた」と指摘した。

サービス部門PMIは41.7で10月の46.9から低下。5月以来の低水準で、3カ月連続で50を下回った。

小売店の休業や在宅の推奨などで需要は低迷。新規ビジネス指数は45.7から40.6に落ち込んだ。

ただ、今後1年の楽観度は改善し、将来の生産指数は56.5から60.4に上昇した。

コメルツバンクのピーター・ディクソン氏は「ロックダウン(都市封鎖)に対して企業が対応した後、月後半は予想以上に改善した感覚がある。依然として悪いが想定したほどではない」と指摘。「新型コロナワクチンの実用化が近いという事実は2021年に対する楽観論の根拠になる」と述べた。

一方、パンテオン・マクロエコノミクスのサミュエル・トゥームズ氏は「先月のロックダウン第2弾で閉鎖を余儀なくされた多くの企業は収益がほぼゼロまで落ち込んだようだ。PMIは企業活動の拡大・縮小のみを反映し、その規模は示されない。そのため、これまでの国内総生産(GDP)との関係に基づけば、ロックダウンによる被害を過小評価しかねない」とした。

*内容を追加しました。

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナ春に収束向かう? 医師予想

    シェアーズカフェ・オンライン

  2. 2

    医師が日本のワクチン報道に嘆き

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    料金高騰が示す電力自由化の功罪

    WEDGE Infinity

  4. 4

    独身でいる理由 男女の5割で共通

    ニッセイ基礎研究所

  5. 5

    音喜多氏が居眠り謝罪 歳費返納

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    コロナ禍のバイト店員私語に苦言

    かさこ

  7. 7

    時短応じぬ外食大手に賛同 なぜ?

    御田寺圭

  8. 8

    五輪中止なら湾岸タワマン暴落か

    NEWSポストセブン

  9. 9

    SEXなく…夫に不倫自白した女性

    PRESIDENT Online

  10. 10

    感染拡大するスウェーデンの日常

    田近昌也

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。