記事
  • ロイター

政策会合後に金融機関と今後も会合予定=レーンECB理事


[フランクフルト 2日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のフィリップ・レーン専務理事兼チーフエコノミストは、「ロイター・グローバル・インベストメント・アウトルック・サミット2021」で、政策決定会合後の一部エコノミストとの私的な会合を今後も続ける意向を示した。

ウォールストリートジャーナル紙は1日、レーン理事が3月以降、決定会合後に大手銀行や投資会社のエコノミストと私的に会合を行っていると報じた。

理事は今後も継続する意向を示し、「慎重かつ体系的なアプローチで、健全な対話政策の一環だと考えている。もちろん絶えず見直しはしている」と指摘。

会合の目的については、ECBのメッセージが市場にどの程度伝わっているかを聞いてフィードバックを集めるためとし、公開情報のみを説明し、今後の方針については示唆していないと述べた。

政策決定直後に通常6-8機関と会合を予定し、ラガルド総裁の記者会見直後に行っていた。

「すでに発表された情報に関し市場と情報交換するという主要原則に則している」とし、将来の決定についてヒントを与えてはいないと理事は語った。

親密なECBウォッチャー全員と毎回話しているわけではなく、参加者が均等に話すよう調整していたとし、特権的に情報を与えてはいないとも述べた。

トピックス

ランキング

  1. 1

    陽性率が低下 宣言2週間で効果か

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    池上風? たかまつななは殻破るか

    宇佐美典也

  3. 3

    即入院の石原伸晃氏 特権許すな

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    テレ東が報ステ視聴者奪う可能性

    NEWSポストセブン

  5. 5

    給付金2回目求める声殺到に衝撃

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    トヨタ Apple車参入で下請けに?

    大関暁夫

  7. 7

    慰安婦判決 文政権はなぜ弱腰に

    文春オンライン

  8. 8

    米国に課された多様性との融合

    松田公太

  9. 9

    マスク拒否の男 逮捕時は大暴れ

    文春オンライン

  10. 10

    若者からの感染波及説は本当か

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。