記事

【取材の周辺】「スカイカーシェア」、ひっ迫した資金繰りのなかオーナー募集か

 投資家のローン問題が表面化し、破産を申請したカーシェアリングサービス「スカイカーシェア」運営の(株)SERIAS(TSR企業コード:027949605、豊島区)。すでに2019年にはグループを含めて、資金繰りがひっ迫していたことが東京商工リサーチ(TSR)の取材でわかった。

 TSRが独自入手したグループ1社の資料には、「令和元(2019)年8月下旬から9月にかけて、SERIASグループは高利で1億2,000万円の資金を調達した」と記載されている。

 SERIASとグループ3社は、11月24日に東京地裁から破産開始決定を受けた。その1年以上前から資金繰りに変調をきたしすなか、高配当をうたい文句にオーナーを集めていた可能性がある。

 SERIASは判明する限り、少なくともグループ8社でスカイカーシェア事業を展開していた。グループ各社で、▽カーシェアオーナーの募集や獲得▽オーナーと業務委託契約を結ぶ▽高級車を調達し販売する▽カーシェア用自動車の修理・整備▽宣伝を行う、など役割を分担していた。

 グループの主要1社である(株)ランドコアサービス(TSR企業コード:314381708)の売上高は、2018年1月期の1億3,300万円が、2019年1月期には3億6,200万円へ2.7倍に伸びた。しかし、事業拡大に伴う経費負担も膨らみ、そのツケが次第に経営に影響していった。

 SERIASグループは、2019年夏に事業拡大に伴う経費増に対応するため、金融機関に借入を申し入れたが不調に終わった。このため、1億2,000万円を「高利」で調達した。

 調達先や利率は現時点で判明していない。ただ、同時期に取引先から自動車の仕入代金の支払い猶予を受けており、資金繰り悪化は顕在化していた。さらに、深刻な経営危機に直面したグループ1社は2019年秋に私募債を募り、約2,000万円を調達した。

 資金繰りが2019年秋にはひっ迫した状況に追い込まれながら、新規オーナー募集は少なくとも2020年8月まで続いた。8月にグループ1社と数百万円の契約を結んだオーナーもいる。

 オーナーに配当できないことを通知したのは2020年8月だ。この間、2019年秋以降も、リスティング広告やユーチューバーを使った宣伝活動を行っていた。

 SERIASとグループ会社は、深刻な経営不振を隠し、配当が危ぶまれるなかでオーナー募集を続けていたのだろうか。

車両が並ぶ駐車場(埼玉県内)[TSR撮影]

(東京商工リサーチ発行「TSR情報全国版」2020年12月3日号掲載予定「取材の周辺」を再編集)

あわせて読みたい

「カーシェアリング」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。