記事

【読書感想】ルポ トラックドライバー ☆☆☆

1/2

ルポ トラックドライバー (朝日新書)
作者:刈屋 大輔
発売日: 2020/11/13
メディア: 新書






Kindle版もあります。

ルポ トラックドライバー (朝日新書)
作者:刈屋 大輔
発売日: 2020/11/13
メディア: Kindle版

ドライバーに同乗取材し、労働実態をつぶさに捉えた初の本格ルポルタージュ!ネット通販ビジネスは活況で、消費者が便利な生活を享受できる一方、運転手の労働条件は厳しくなっている。現場で今、何が起きているのか?長期にわたる取材で見えてきた現実とは―。

 Amazonをはじめとする、ネット通販が当たり前のものになり、宅急便の個人宛の荷物はどんどん増えていっています。

 その量の増加と、不在時の再配達の負担もあり、状況を打開することを目指した業界最大手のヤマト運輸が、Amazonとの契約をやめたことも話題になりました。

 Amazonは、現在、独自の配送網を整備したり、ドローンによる配送をテストしたりもしているのです。

 この本の冒頭で、著者は、1992年に佐川急便でアルバイトをしていたときのことを振り返っています。

 肉体的にも精神的にもきつい仕事であるにもかかわらず、毎日続けられる彼らのモチベーションを支えていたものとはいったい何だったのか。それは同業他社よりも圧倒的に高く、そして他業種と比べても遜色のなかった給与水準にほかならない。当時、「仕事は激務だが、三年我慢して働けば家が建つ」と言われるほど、佐川のセールスドライバーたちが手にする報酬は高額だった。

 居酒屋チェーンのワタミの創業者である渡邉美樹氏は、佐川で一年働いて貯めた300万円を元手にビジネスをスタートした。物流大手SBSホールディングスの創業者である鎌田正彦氏も佐川のセールスドライバー出身だ。このほかにも、佐川での稼ぎを原資に事業に乗り出し、成功を収めている企業経営者は少なくない。

 もっとも、稼ぎが魅力だったのは佐川だけではない。佐川ほど破格ではなくても、当時、トラックドライバーの仕事は確実に稼げる商売だった。「きつい、汚い、危険」の3K仕事である代わりに、高い報酬が約束されていた。トラックドライバーの花形とされる長距離輸送の仕事では、年収が1000万円を超えるケースもあった。

「もしも大学受験に失敗したら……もしも大学卒業後の就職先探しに苦戦したら……今度は正社員ドライバーとしてお世話になればいい」──体力だけは自信のあった18歳の私にとって、佐川やトラックドライバーという職種は、万一の時に駆け込めば、十分に食っていけるだけの収入が得られる「安心して働ける仕事」という認識だった。だからこそ、浪人中の身であったが、自動車の運転免許は取得しておいた。

 あれから約30年。

 トラックドライバーの労働環境は一変してしまった。「3Kでも稼げた」のが、「3Kなのに稼げない」仕事になっている。それどころか、トラックドライバー職を、3Kに「稼げない(KASEGENAI)」の頭文字を加えて「4K仕事」だと揶揄する人もいる。

 この30年の間にいったい何が起こったか。

 トラックドライバーは、ずっと、「きつい仕事」ではあったのです。

 でも、30年前は「きついけれども、体力に自信がある人にとっては、ある程度の期間一生懸命働けば、まとまったお金が稼げる仕事」ではあったのです。

 「きつい仕事」=「悪」だとみなされがちではありますが、報酬がきちんと得られるのであれば、そういう選択肢もあっていい。

 ところが、この30年間で、トラックドライバーの労働環境は、大きく変わってしまいました。

 著者は、東京~名古屋~大阪間(約600キロメートル)を週に3往復している、55歳のトラックドライバー・浅井さんの車に同乗取材をしています。

 浅井さんは同区間を週に三往復する。月曜日夜に東京を出発し、名古屋に立ち寄った後、火曜日早朝に大阪に到着。営業所の休憩室で十分な睡眠をとって火曜日夜には再びハンドルを握り大坂を出発し、名古屋を経由して水曜日早朝に東京に帰還する。水曜日夜には再び東京を出発して──という勤務シフトだ。三往復目は金曜夜の出発・日曜早朝の帰京となる。走行距離は月に1万5000キロ。年間18万キロに達する。

 通常、一往復が終わると、千葉県内の営業所に戻り、雑務をこなした後、車で約1時間かけて同じ県内の自宅に戻る。もっとも、自宅に戻らず、運転席後方にある簡易ベッドで睡眠をとって、そのまま次の乗務に突入することも少なくない。そのため、自宅に戻るのは週2日程度だ。

 東京~名古屋~大阪を週に3往復、大型車の運転は気を遣うだろうけど、あまり人間関係に煩わされずに仕事をできそうだし、そんなに悪くないのでは……と思っていたのですが、仕事の詳細を読んでいくと、荷物の積み降ろしがあったり、約束の時間を守るために、無理をしなければならないことがあったりと、1週間だけならともかく、これをずっと続けていくのはきついよなあ、と思い知らされました。

 トラックを運転している時間以外のほとんどは、睡眠・休養をとっている時間で、家にはほとんど帰れないのです。

 当直とかをしていて痛感するのは「家に帰れない」というのが続くのは、かなりのストレスだということなんですよね。慣れはあるのでしょうけど、眠っても、疲れがとれないというか……

あわせて読みたい

「雇用・労働」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    老害タグを茂木健一郎氏が批判

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    電通本社ビル売却検討 何が衝撃?

    かさこ

  3. 3

    高額ギャラ原因?芸能界リストラ

    渡邉裕二

  4. 4

    政治に怒らぬ若者 そのワケは?

    BLOGOS編集部PR企画

  5. 5

    リモートワーク全否定企業が危機

    城繁幸

  6. 6

    コロナより政局に熱心な小池知事

    石戸 諭

  7. 7

    給付金は必要 麻生氏発言に抗議

    田中龍作

  8. 8

    ポリコレ求める人が無視する事実

    PRESIDENT Online

  9. 9

    小池都知事に「政治家じゃない」

    文春オンライン

  10. 10

    独身でいる理由 男女の5割で共通

    ニッセイ基礎研究所

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。