記事

【ナゴルノカラバフ発】引き裂かれた村 山岳高地がゲリラ戦支える

1/2
タガバード村の入り口にはアルメニア軍の戦車が止められていた。軍が村を護ろうとしていたことがわかる。=11月30日、撮影:田中龍作=

 州都ステパノケルトから約40㎞南東のタガバード村。今回の戦争で南部をアゼルバイジャンに奪取された。北部はアルメニアのままとなる。

 アゼルバイジャンの支配下に置かれる南部のアルメニア住民はほとんどが脱出した。

 タガバード村が帰属するマルトゥーニ県は、アルメニアに残る地域なのだが、アゼルバイジャン軍が南部まで侵攻してきたところで停戦となったため、南部はアゼルバイジャンの手に落ちてしまった。

 アルメニア側とアゼルバイジャン側の境界線には細い縄が張られていた。200メートルほど前方にロシア国旗が立つ。

 戦域を守っていたアルメニア軍の指揮官は、ロシア国旗を指し「あの辺りまでアゼルバイジャン軍が来ていた」と話す。

境界線を守るアルメニア軍の兵営には砲弾や手りゅう弾などが存分にあった。=11月30日、タガバード村 撮影:田中龍作=

 田中が縄をまたいでアゼルバイジャン側に踏み込もうとすると、アルメニア軍の兵士が制止した。兵士は「地面を踏むと爆発する」ジェスチャーをした。地雷が仕掛けられている、というのだ。

 戦争中は村の男性のうち70人がパルチザンとして戦った。

 ある家庭を訪ねた。電気もガスもなく枯れ木を燃やして暖を取っていた。主婦の弟もパルチザンだった。和平停戦から10日経って戦死したことが分かった。

 山岳地帯のナゴルノカラバフにあって、村はさらに山岳高地だ。アフガニスタンを想起させる。

 土地は湿潤で肥沃だ。トマト、ピーマン、ジャガイモ、麦、果物・・・

 いくらでもゲリラ戦を戦える土地なのだ。

先の戦争で自らが掘った塹壕のそばに立つ元パルチザン。「ロシア軍があそこにいる」と指さした。田中は300mの望遠で見たが、やっと芥子粒のような存在が確認できた。=撮影:田中龍作=

あわせて読みたい

「アルメニア」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。