記事

富岳シミュレーション→ウレタンマスクはNG

マスクの種類による性能差を、富岳がシミュレーションした結果。
これを見ると、多くの人がしているウレタンマスクはNGだな。
ぜんぜん感染予防対策になっていないぞ。

人と会うときは不織布マスク 素材、形状で性能差 「富岳」分析 / SankeiBiz

マスクをしてせきをしたときのしぶきについて、ウレタンや布より不織布でできたマスクの方が飛散を防ぐ効果が高い傾向にあることが、理化学研究所が運用するスーパーコンピュータ「富岳」のシミュレーションで示された。

(中略)

研究チームはまず、それぞれの素材そのもののフィルター性能と通気性を実験で計測。そのデータをもとに、マスクの形状や人が装着した状態を再現したシミュレーションを富岳で行った。

その結果、不織布のマスクはウレタンや布より、飛沫(ひまつ)を外に漏らさない性能が高い一方、通気性が悪く、装着時に息がしづらい傾向があると分かった。布製のマスクは不織布やウレタンに比べて通気性が良く、性能もウレタンより良いものがあることが分かった。

理研チームリーダーで神戸大教授の坪倉誠氏は「ウレタン製はファッション性もあり、若い人もよくしているが、性能としてはあまりよくないことが分かった」と話した。

[画像をブログで見る]

富岳以前の実験でもわかっていたことだが、漏れまくり(^_^)b
まぁ、ほとんど意味がない飾りだね。
それでもマスクしてればいいって、いうのかな?

何度も書いてるが、マスクは種類を限定しなくちゃ役に立たない。
オシャレ優先のウレタンマスクはNG、都知事の布マスクもNG、見かけだけのフェイスシールドもNG、それをちゃんと明言しなきゃダメでしょ。

「徹底」というからには、サージカルマスクおよびN95マスクに限定すべき。

とはいえ、サージカルマスクでも防御率は7割程度なので、マスクをしていても3割は感染する。
富岳のシミュレーションは、飛沫の動き、空気の流れをシミュレーションしているのであって、感染の有無をシミュレーションしているわけではない。
そこは勘違いしないように。

せっかくこういう明確なシミュレーションをしているんだから、対策に活かしてほしいものだ。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    雇用保険を否定? 厚労省の暴言

    田中龍作

  2. 2

    石破氏 コロナ報道に強い違和感

    石破茂

  3. 3

    ワクチン接種した日本人の感想は

    木村正人

  4. 4

    給付金2回目求める声殺到に衝撃

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    トヨタ Apple車参入で下請けに?

    大関暁夫

  6. 6

    京都市財政難 寺社の協力不可欠

    川北英隆

  7. 7

    マスク拒否の男 逮捕時は大暴れ

    文春オンライン

  8. 8

    立民の「首相答弁が短い」は難癖

    鈴木宗男

  9. 9

    「もう終わりだ」Qアノンの落胆

    Rolling Stone Japan

  10. 10

    菅政権が見落とした学者の二面性

    内田樹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。