記事

「執行役員より大道芸人でありたい」8浪して夢を叶えた東大OBの人生観

1/2

大企業の肩書を捨て、第二の人生を謳歌している人はどんな人だろうか。栢木興太郎さんは定年目前で日本テレコム(現ソフトバンク)を辞め、大道芸人に転身した。「東京大学に入るよりも苦労した」という芸人の道を、なぜ選んだのか。ジャーナリストの秋場大輔氏が迫った——。

※本稿は、秋場大輔『ライフシフト 10の成功例に学ぶ第2の人生』(文藝春秋)の一部を再編集したものです。

日本テレコムを辞め、大道芸人になった栢木興太郎さん。「麻布十兵衛」の名で活躍している

日本テレコムを辞め、大道芸人になった栢木興太郎さん。「麻布十兵衛」の名で活躍している - 写真提供=文藝春秋

ガマの油売りを披露する東大OB

「レディースアンドジェントルメン。プリーズカムカムヒヤ。おとっつぁんもおっかさんも寄ってらっしゃい見てらっしゃい。アイウィルショーユージャパニーズストリートパフォーマンス、ブルフロッグオイルセールね。これから日本の伝統芸能である大道芸であるガマの油売りをやりますよ」

ガマの油売りを「ブルフロッグオイルセール」と言うなど、日本語とブロークンイングリッシュを使って、銀杏並木を歩いている人に声をかけていたのは、東大OBの大道芸人、麻布十兵衛こと栢木(かやき)興太郎さんだ。

パフォーマンスが始まると、五十人ほどの観客が集まってきた。「さてこの黄色のカバーの中に何が隠されているか。黄金の山かはたまたゴジラの赤ちゃんか。カバーを外してみよう。ややっ。中にいたのは筑波山で捕まえた四六のガマ。フォーアンドシックスフロッグメイドインマウントツクバね。このガマちゃんから油を搾り取ってやる」

十兵衛さんはそう言ってしつらえた机の上に置いてあるガマガエルの人形を、内側が鏡張りになっている小さな箱に閉じ込めた。そして「鏡に映った自分の姿が恥ずかしくて、ガマちゃんが流した脂汗をかき集め、煮詰めて作ったのがこれだ」と言って、観客に怪しげなピンク色のクリームを見せた。

取り出した刀を自分の腕に当てて…

「この薬がいかに優れたものなのかをお見せしよう」。十兵衛さんは「正宗」と呼ぶ刀を取り出し、「一枚が二枚、二枚が四枚、四枚が八枚」などと言いながら、正宗でティッシュを二つに切る。その上で切れ味鋭い正宗で自分の腕を切るゼスチャーをした。

腕には血糊が付いている。「うあああ。いててて。しかしドントマインド。ノーナースコールね。なぜならさっきのクリームがあるから。ほらご覧なさい」。そう言って腕にクリームを塗り、タオルで拭き取った。

見事切り傷はなくなっている。見ている大人はニヤニヤ。子供たちは少し不思議そうな顔をしている。「さあこれからが大事。大道芸人は投げ銭で生活をしているんです。お志をよろしくお願いします」。演じ終えた十兵衛さんがそう言って差し出したザルに、観客は百円玉や五百円玉、千円札を入れていた。こうして約20分の演目は終わった。

大企業幹部、官僚…の横に「大道芸人」

「東大を出て、会社勤めをした後、大道芸人になった人がいる」。知人からそう聞いて、十兵衛さんに初めて会ったのは2018年秋のことだった。東大を卒業した人の職業選択はむろんさまざまだろうが、多くは大企業や官公庁、弁護士や医者、公認会計士といったところだろう。その中で企業への就職を選び、その後に大道芸人になったという人は、何をどう考えてその道を歩んでいるのか、強い興味が湧いたからだ。

十兵衛さんに連絡すると、取材を快諾してくれた。都合の良い取材場所はどこかと伺うと、「うちに来なさいよ」と言われた。住所を聞けば麻布十番という。なるほど。芸名の由来は分かった。

「なぜ大道芸なのですか。例えば学生時代に大道芸をやっていて、ビジネスマンを卒業して再び始めたとか」。そう聞くと十兵衛さんは「違う違う。大学時代は剣道部だったんですよ」と言って、書斎から剣道部のOB名簿を持ってきた。

名簿には名前、卒年次、学部、住所、電話番号などが書かれており、最後に肩書が記されている。さすが東大。現在50歳代、60歳代のOBの肩書はそうそうたるもので、多くは誰もが知る企業の上級幹部だった。

しかし70歳代以降になると肩書のところには空欄が目立つ。それをじっと見ていると十兵衛さんはニヤッと笑って言った。「70歳を超えて仕事を続けている人なんて、限られていることがわかるでしょ。開業医か弁護士、公認会計士ぐらいでしょ。それと……。大道芸人くらい」。確かに十兵衛さんの職業欄には「大道芸人(芸名麻布十兵衛)」とあった。

新卒入社した会社がオイルショックで経営難に

ご本人とかつて日本テレコムで一緒に働いていた部下三人の話を踏まえて、麻布十兵衛こと栢木興太郎さんのビジネスマン時代をたどってみる。

栢木さんは1970年に東大経済学部を卒業した。海外駐在を強く希望していたこともあり、新卒一期生として、設立間もない三井海洋開発に入社した。

夕陽のなかの掘削機

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/chengwaidefeng

海洋油田開発を手がける同社で、海外勤務の希望は叶った。15年間でシンガポールとアラブ首長国連邦の2カ所に駐在。しかし四十歳を前に転機が訪れた。二度のオイルショック以降、世界中で油田開発が相次ぎ、油価が下落。海洋開発のニーズが激減し、三井海洋開発の事業が先細りになったからだ。

「三井海洋開発は一度清算する」。親会社の三井物産幹部にそう言われ、再就職先を斡旋された。提示された複数の候補の中に三菱商事や三井物産、住友商事などの大手商社と松下電器産業(現パナソニック)などが立ち上げた国際電話事業者の日本国際通信(現ソフトバンク)があった。

栢木さんは「海外で働きたいと思っていたから社名に『国際』と付いている会社が良い」と思って入社した。この人の話はどこまでが本当で、どこからがネタなのか分からない。

「何をやっても右肩上がり。楽しかったですね」

発足間もない同社は海底ケーブルを敷く、宮崎県に陸揚げ局を作る、東京のお台場にテレコムセンターを建設するなどインフラ整備が目白押し。栢木さんは監督官庁である郵政省(現総務省)やNTTなどとの折衝や用地買収の交渉に明け暮れていた。

「会社は出来たばかりで何をやっても右肩上がり。だから楽しかったですね。もちろん忙しかったけれど、それでもいろいろな部内行事がありました。栢木さんは全てに参加していたと思います。そういう場で人を楽しませることが好きだったみたい。今の大道芸人に通じるところがありますね」と元部下の松葉和子さんは言う。

もっともその頃あたりから会社全体の経営環境は次第に厳しさを増していた。国際電話事業が過当競争に入ったためで、会社の資本構成は何度も変わった。

日本国際通信は1997年、日本テレコムに吸収合併され、存続会社の日本テレコムには1999年、ブリティッシュ・テレコムとAT&Tが資本参加した。2000年に日本テレコムの子会社だったジェイフォン買収を目論んだ英ボーダフォンが大株主として浮上する一方、ブリティッシュ・テレコムとAT&Tは離脱。2001年にはボーダフォンが日本テレコムの経営権を握った。

資本構成の変化はこれで終わらない。日本テレコムの親会社は2003年に米系ファンド、リップルウッド・ホールディングス傘下に入り、2004年にソフトバンクが買収した。

上司に突き付けられた「会社を辞めてくれ」

大株主が毎年のように変わるなか、栢木さんは横浜支店であげた抜群の営業成績が評価されて執行役員に昇格。広域営業部門長に就き、地方にある企業との法人営業を統括する立場になった。

部下の一人、山本佳樹さんは、栢木さんに2002年5月から2年間仕えた。二人でしばしば地方出張に出掛けたという。「今にして思えば大変な時期でした。大株主が変わるたびに営業方針が変わったわけですから。栢木さんは相当苦労していたと思いますが、偉かったのは上司から方針転換が告げられると顔を真っ赤にして反発していたのに、僕らにあたったりすることなく、常に前向きな姿勢を取り続けたことでした。頼れる上司でしたね」と語る。

会議室で話し込む2人のビジネスパーソン

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/Robert Daly

栢木さんと上司が対立したのは、営業をかける相手を巡ってだった。上司は収益性を考えて大都市にある大企業を追えば良いと主張した。対する栢木さんはそうした虫食い的な営業に反対した。通信は重要なインフラ。全国どこでも同じサービスが享受できるユニバーサルサービスを展開すべきとの自説を曲げなかった。

当時、どちらの考えが正しかったのかは分からない。しかし2005年、栢木さんは上司に呼ばれ、「向こう一年分の給料を払うから、会社を辞めてくれ」と言われた。おそらく大都市特化戦略に異を唱え続けたからだろう。当時59歳。突然の退職勧告だった。「悔しかったね。何とかして見返してやろうと思ったよ」と本人は言う。

あわせて読みたい

「雇用・労働」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    KDDI「povo」への批判はお門違い

    自由人

  2. 2

    PCR検査で莫大な利益得る医院も

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    広島県の大規模PCR検査は愚行

    青山まさゆき

  4. 4

    橋下氏 いま日本は「欠陥の車」

    橋下徹

  5. 5

    菅首相発言が「絶対アカン」理由

    郷原信郎

  6. 6

    菅首相発言に漂う日本崩壊の気配

    メディアゴン

  7. 7

    渡邉美樹氏 外食産業は崩壊危機

    わたなべ美樹

  8. 8

    青学・原監督の改革を学連は黙殺

    文春オンライン

  9. 9

    車移動に回帰? ペーパー講習混雑

    井元康一郎

  10. 10

    デパ地下以外は死んでいる百貨店

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。