記事

旭川吉田病院の問題 自衛隊の災害派遣の必要性含めて自治体感染対策能力の脆弱性

院内感染クラスターが発生している吉田病院。12月1日理事長がHPにアップした発言が物議を醸しています。

本当はHPを引用したいのですが、アクセス集中で記事が読めないらしいためこちらの記事をアップします。

 

ポイントは3点
>1. 旭川市保健所について
感染が起きた時の保健所が動いてくれなくて転院調整ができなかったことへの不満が書かれています。ただまずそれって市保健所の仕事ですか?吉田病院院内感染対策班はどう動いていたの?他の協力病院、自治体含めての地域医療連携はどうしてたの?(まあ断られてしまっていたことは予想できますが)そして今回みたいな時はどこに相談してどこが取りまとめることになってたの?

ただ現在は基幹5病院のおかげで転院ができているようです。(吉田病院HP新型コロナウイルス感染症発生のお知らせ第20報から)今回のこの記事のおかげでしょうか?ではなぜ最初はできなかったのでしょうか?
>2. 旭川市役所について
自衛隊派遣の依頼して断られたとのこと。ただ災害派遣は知事が行うものですし、また民間病院の院内感染に対して規模も含めて自衛隊が支援するかどうかの問題が正直あります。その意味で市の会見市長のコメントも正直妥当ではないかなと私は感じました。

あとこの記載
>「公共性」「非代替性」を満たさないとの理由から即座に却下
>「今すぐに判断するのは難しい」
という吉田病院と市の発言はかなりずれています。本当に必要と判断していたのらしつこいぐらい依頼を続ければ良いのに。
>3. 旭川医大病院について
これは常勤ではなく非常勤医師なので撤収は致し方ない部分があります。だって旭川医大に感染拡げたらさらに悲惨なことになりますからね。

そしてこの文言
>現在はDMAT(災害派遣医療チーム)の派遣をいただき、事態は徐々に沈静にむかっています
この手配がなぜ最初から行えなかったのでしょうか。

旭川のクラスター発生、感染状況考えると同情すべき事態ではあります。本来はもっとリーダーシップを市にとってほしいことも理解できます。でも正直なんでも丸投げして断られたら逆ギレというのが少しみえました。その後正規のルートで落ちつてきているのですから。今こそ冷静になって対応お願いします。そして市ももう少し親身に対応することも検討しましょう。(いややってると思いますが)

その後のBJの記事は自衛隊部分以外は読むに値しません。何が切られておしまいだ!
>クラスターを発生させた病院がこうした意見を表明すること自体、賛否を含め物議を醸すことだろう。だが、そうせざるを得ない状況に追い込んだのはいったいなにか。今すぐにでも検証を始めるべきなのかもしれない。
ただこの部分、すぐに検証すべきは認めます

12月2日の東京の感染者は500。3日もこの程度なら今後ピークアウトしてくれることを期待しています。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    電車止めない政府 危機感の甘さ

    諌山裕

  2. 2

    医師会の言葉は「心に響かない」

    山本直人

  3. 3

    「サイゼ来た」要請で皮肉な結果

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    菅首相発言に漂う日本崩壊の気配

    メディアゴン

  5. 5

    印象論で政権批判 NEWS23に苦言

    和田政宗

  6. 6

    尾身会長が求めるリーダーの姿勢

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    医療巡り飛び出した菅首相の本音

    青山まさゆき

  8. 8

    「男女の友情存在するか」は愚問

    いいんちょ

  9. 9

    渡邉美樹氏 外食産業は崩壊危機

    わたなべ美樹

  10. 10

    PCR問題の混乱止まらず 医師嘆き

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。