記事
  • ロイター

英アストラゼネカのワクチン、1月下旬に治験結果も=米政府顧問


[2日 ロイター] - 英製薬大手アストラゼネカとオックスフォード大学が共同開発する新型コロナウイルスワクチンは、来年1月下旬にも臨床試験(治験)結果が得られ、その後、ワクチンの緊急使用許可申請が提出される可能性がある。米政府のコロナワクチン開発加速計画「ワープ・スピード作戦」のモンセフ・スラウイ首席顧問が2日、明らかにした。

アストラゼネカ側は、すでに治験の中間結果を公表しているが、一部の専門家からはデータの信頼性を疑問視する声も上がっている。治験では、まずワクチンの半分の量を投与し、その後全量投与した群の予防効果が90%に達する一方、2回とも全量投与した群の予防効果は70%程度と差が出た。

スラウイ氏は「2つの数字に関して、事実とデータに基づき明確が説明がなされない限り、米食品医薬品局(FDA)から承認を得るのは難しいだろう」と述べた。

トピックス

ランキング

  1. 1

    米議事堂襲撃 副大統領は間一髪

    WEDGE Infinity

  2. 2

    菅首相発言が「絶対アカン」理由

    郷原信郎

  3. 3

    菅首相は玉木氏提案を受け入れよ

    早川忠孝

  4. 4

    家計が炎上した年収1000万円夫婦

    PRESIDENT Online

  5. 5

    広島県の大規模PCR検査は愚行

    青山まさゆき

  6. 6

    今の改正案では医療崩壊を防げぬ

    玉木雄一郎

  7. 7

    非現金決済は差別? 米社会で変化

    後藤文俊

  8. 8

    時短従わぬ店への過料は「違憲」

    猪野 亨

  9. 9

    慰安婦判決は異常 迷走する韓国

    コクバ幸之助

  10. 10

    全米ライフル協会 破産を申請へ

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。