記事
  • ロイター

社債発行、国内外で2兆円を視野=ドコモTOB踏まえNTT社長


[東京 2日 ロイター] - NTTの澤田純社長は2日、NTTドコモ株式の公開買い付け(TOB)の資金として金融機関から借り入れたブリッジローンの一部借り換えなどに充てるため、国内外での社債発行が2兆円程度になるとの見通しを述べた。ロイターのインタビューで語った。

NTTはこれまで、国内で12月中に5000億円起債すると投資家に説明していたが、澤田社長はこれが7000億円に膨らむとの見通しを明らかにした。海外での起債も検討していると明かし、詳細は決まっていないものの、規模については「一般的には(国内向けと)同じぐらいだろう」との認識を示した。

NTTの有利子負債は19年度の4.7兆円がドコモ株のTOBを通じて9兆円に膨らんだ。これをリース事業の分社化や債券の流動化、負債の返済で6兆円程度に抑え、格付けのシングルAを確保したい考え。

ブリッジローンの長期負債への切り替えを進めるが「(返済に)何年かけるかによっては(株主還元などで)出入りがあるため、もう少し、長期を借りておきたい。2兆円は借りていた方がいいのではないか」と述べた。ただ、手元にも資金はあるとの認識で、追加の起債のタイミングは「もうちょっと先」とした。

NTTはドコモの完全子会社化に向けたTOBを9月から開始し、11月に成立。ドコモは12月25日付で上場廃止になる。

(平田紀之、山崎牧子 編集:青山敦子)

トピックス

ランキング

  1. 1

    KDDI「povo」への批判はお門違い

    自由人

  2. 2

    PCR検査で莫大な利益得る医院も

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    橋下氏 いま日本は「欠陥の車」

    橋下徹

  4. 4

    菅首相発言が「絶対アカン」理由

    郷原信郎

  5. 5

    菅首相発言に漂う日本崩壊の気配

    メディアゴン

  6. 6

    渡邉美樹氏 外食産業は崩壊危機

    わたなべ美樹

  7. 7

    広島県の大規模PCR検査は愚行

    青山まさゆき

  8. 8

    青学・原監督の改革を学連は黙殺

    文春オンライン

  9. 9

    慰安婦判決は異常 迷走する韓国

    コクバ幸之助

  10. 10

    コロナ偏見を生む報道を抑制せよ

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。