記事

「1番、2番、3番人気で決着」世紀の一戦で魅せたアーモンドアイの異次元ぶり

1/2

レース前から“波乱”の予兆を感じた

ジャパンカップの勝敗は一瞬で決まった。

第40回ジャパンカップ(GI)を制したクリストフ・ルメール騎乗のアーモンドアイ(牝5歳、父ロードカナロア、美浦・国枝栄厩舎、写真手前)。右は3着のデアリングタクト=2020年11月29日、東京競馬場
第40回ジャパンカップ(GI)を制したクリストフ・ルメール騎乗のアーモンドアイ(牝5歳、父ロードカナロア、美浦・国枝栄厩舎、写真手前)。右は3着のデアリングタクト=2020年11月29日、東京競馬場 - 写真=時事通信フォト

午後3時40分、GIのファンファーレが鳴り、各馬が輪乗りからゲートに入ろうとした。

自国でもゲートインにてこずったことのあるフランスの招待馬、ウェイトゥパリスが先にゲートに誘導された。

だが、なかなか入らない。何人もの誘導員たちが押し込もうとするがゲートの前で立ち止まったまま。

ゲートの前扉を開けてみるが、入る素振りも見せない。

世紀の一戦を前に、馬も騎手も緊張が高まっている。だが、それに水を差すようなパリスの頑なさに、何かしら“波乱”の予兆を感じたのは私だけではなかっただろう。

デムーロ騎手が下馬して、馬だけをゲートにようやく押し込む。

アーモンドアイはゆったりとしていて全く動じない。彼女の姿に富司純子扮する「緋牡丹博徒シリーズ」のお竜姐さんを見るのは私の年のせいだろう。

コントレイルがややチャカツキ始めた。パドックでやや汗をかいていたデアリングタクトが心配になる。

2400メートルの長丁場といえども、勝負のカギはスタートにある。

馬は繊細な動物だ。音楽や歓声に驚いて騎手を振り落とすこともある。馬にプレッシャーをかけないで、スムーズにゲートイン、スタートさせるかが騎手に課せられた最も重要な“使命”である。

だが、そんなファンの心配を払拭するように、ほかの各馬はスムーズにゲートに入っていく。

好スタートを切ったキセキが先頭に

ゲートが開いた。

ロケットスタートを決めたのは2番枠のアーモンドだった。

スタートと同時に、そのまま逃げるのではないかと思えるほどの好スタートに、先行しようと考えていたであろう1番枠のカレンブーケドールの行き脚がつかず、アーモンドの後ろに控える形になった。

コントレイルのスタートもよかったが、デアリングがわずかだが後手を踏んだ。

アーモンドの勢いに押され、逃げるはずのトーラスジェミニやヨシオはアーモンドの後ろから行かざるを得ない。

4番枠のキセキに騎乗する浜中は、スタートが五分なら行くと決めていたのだろう。すぐに手綱をしごいて何が何でも逃げてやると、1コーナー手前で先頭に立つ。

アーモンドはキセキの動きを見ながらインで折り合いに専念。ようやくトーラスやヨシオなどがアーモンドの横に並びかけ、アーモンドを包むように先行集団が1コーナーから2コーナーへと進んでいく。

川田騎乗のグローリーヴェイズがアーモンドの後にピタリと付ける。

デアリングはやや掛かり気味に中団より前に位置する。その後ろにコントレイル。

騎手それぞれの戦略は…

コントレイルは菊花賞でルメールのアリストテレスに終始外側にピタリと並ばれ、馬がイライラしたことがあった。

競馬
※写真はイメージです - 写真=iStock.com/quentinjlang

デアリングも、オークスでは直線で馬込から出られず、松山騎手が苦労したから、この両馬は初めから、外に出して差す競馬を意識していたのだろう。多少距離のロスがあってもあえて外を回ろうと“熟慮”した結果の作戦のようだ。

全体のペースはスローだったが、1頭だけ別次元の走りをしていたのがキセキだ。手綱をしごいて先頭に立ったため、馬に行き脚がついてしまったのだ。

1頭だけが後続集団を10馬身ぐらい離して逃げる逃げる。

古くからの競馬ファンならここで、3強ダービーのタニノハローモアや2強ジャパンカップのカツラギエースの逃げ切り勝ちのことが頭をよぎったのではないか。

3コーナーでは2番手集団の先頭にグローリーヴェイズが立った。ルメールはインの4番手を淡々と進む。

勝負の4コーナーを回って、コントレイルがやや仕掛け気味に、デアリングの外から上がっていく。

デアリングも一緒に上がっていこうとするが、前に馬がいるため、一瞬、仕掛けが遅れたように見えた。

府中の直線は460メートル。高低差2.1メートルの上り坂がある。

上り坂で馬の状態はある程度わかっている

昔、現役ジョッキーから聞いた。この坂を上って、「1、2、3」と数えてから追い出すのだ。1、2では早すぎて、後ろからくる馬に差されてしまう。

ダービーで1番人気になったハイセイコーにまたがっていた増沢末夫は、坂上あたりで、「いつもと違う」と感じたと話していた。ハイセイコーは2000メートルまでは無類の強さで勝ってきたが、ダービーは400メートル長い。鞍上は馬が苦しがっていることを敏感に感じ取っていた。

坂を上がったところでタケホープとイチフジイサミにあっという間にかわされ、ハイセイコーは3着に沈んでしまった。

坂を上っていくところで、15頭の馬にまたがっている騎手たちは、自分の馬の状態をある程度つかんでいるはずである。

アーモンドは淡々と坂を駆け上がっていく。先頭にはキセキがいるが、すでに浜中の手綱は激しく動いている。

前のグローリーはかわせる。コントレイルとデアリングとはまだ3、4馬身の差がある。

徐々にルメールはアーモンドをグローリーの外へ持ち出す。ここなら芝もインほどは荒れていない。

そう判断した瞬間、ルメールはアーモンドにゴーサインを出した。

あわせて読みたい

「競馬」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    毎日が40億円超減資で中小企業に

    岸慶太

  2. 2

    森氏発言に見えた「五輪難しい」

    文春オンライン

  3. 3

    感染拡大するスウェーデンの日常

    田近昌也

  4. 4

    鼻マスク失格 秩序守った監督官

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    プペルも? 泣くための映画に疑問

    かさこ

  6. 6

    菅首相 イエスマンだらけの失策

    毒蝮三太夫

  7. 7

    嬢告白 おっぱいクラスターの今

    文春オンライン

  8. 8

    中国で停電続く 対豪報復がアダ

    NEWSポストセブン

  9. 9

    医療整備に腹くくれない首長たち

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    テレ東が先陣 マスク着用で好評

    BLOGOS しらべる部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。