記事

アニメもギャンブルも恋愛も実家ネタも、おいしいネタはYouTubeで…テレビとネットで「顔」を使い分ける霜降り明星の感性

1/2
コラボなしで100万人登録を達成した霜降り明星。その凄さを紐解くと、これからのテレビとYouTubeの関係が見えてきます。


クロスボーダークリエイター・放送作家の谷田彰吾です! 毎月、芸能人のYouTubeについて考察させていただいておりますが、今月はコンビ芸人として初めてチャンネル登録者数100万人を超えた霜降り明星のチャンネル『しもふりチューブ』を取り上げます。

しもふりチューブ

実はコンビで100万人達成というのはけっこう凄いこと。というのも、YouTubeは「人」を見るメディアなので、グループよりも個人がフィーチャーされがちです。霜降り明星のYouTubeは噛めば噛むほど味が出る、見れば見るほど勉強になります。つい見過ごされがちなポイントもあるため、僕なりに分析したいと思います。

霜降り明星といえば、言わずと知れたM-1グランプリ2018のチャンピオン(史上最年少、初の平成生まれ王者)。それだけではありません。コンビそれぞれがピンとしても実力を発揮し、ツッコミの粗品さんはピン芸人No.1決定戦のR-1ぐらんぷり2018で優勝。ボケのせいやさんは『人志松本のすべらない話』のMVS(≒優勝)を最年少で獲得。さらには『ものまねグランプリ』まで制覇するなど、タイトルを総なめにしています。

これだけではありません。霜降り明星は流行語まで生み出しています。そうです。『お笑い第7世代』です。せいやさんが生み出したこの言葉は、いまやお笑い界を席巻するムーブメントに。若返りが求められているテレビ業界の新たな旗手と言っても過言ではない存在です。

そんな2人のYouTubeチャンネルで真っ先に凄いと思う点を2つ挙げたいと思います。

テレビに出まくる&コラボなしで100万人達成はエグイ

BLOGOS編集部

まず、コラボを一切していないこと。コラボとは、他のチャンネルに出演したり、自分のチャンネルに出演してもらうことで、お互いの登録者への認知度を上げ、登録者増加につなげる手法。YouTube界では常套手段になっていて、乱暴な言い方をすれば「登録者を増やすならとりあえずコラボ」というぐらい効果的です。カジサックさんや宮迫博之さんはこの手法を積極的に使い、チャンネルを成長させました。しかし、霜降り明星は全くせずに100万人を突破。これはかなり凄いことです。

霜降り明星は「2人」という点にこだわるコンビで、オールナイトニッポン0でも最初のスペシャルウィークにゲストを呼びませんでした。当時から「尖ったコンビだなぁ」と思っていたのですが、YouTubeでも「2人」にこだわって結果を残したのだから本当に凄い。

そして、見落としがちですが毎日のように2人がテレビに出ていることを忘れてはいけません。テレビの露出とYouTubeチャンネルの成長には何らかの因果関係があります。事実、中田敦彦さん、江頭2:50さん、カジサックさん、石橋貴明さん、宮迫博之さん、ヒロシさんといったチャンネル登録者が100万人を超える芸人さんは皆、テレビの露出が極端に少ないのです。

皆さんテレビで強いインパクトを残した方ばかりですが、今はほとんど出ていない。つまり視聴者的には、テレビでは見られないからYouTubeで見る、ということなのかもしれません。その仮説に基づけば、毎日のようにテレビに出ている霜降り明星の100万人突破は異例と言えます。

まず、この2点を押さえた上で、2人のチャンネルはどんな内容なのか分析していきましょう。お笑いや賞レースに対しても熱くストイックな印象の2人だけに、ゴリゴリのお笑いチャンネルなのかと思いきや、全くそうではありません。一言で言うと、「こんなに感性がYouTubeに向いている芸人はいない!」です。従来の芸人さんとは感性が全く違う上に、ことごとくYouTubeと相性が良いのです!

人まねの関連動画よりオリジナルにこだわる芸人の矜持

芸人さんのYouTubeは大きく4つのタイプに分かれます。

①漫才やコントなど、ネタだけを配信していくチャンネル。
ジャルジャルさん、ハナコさん、東京03さん、陣内智則さんなどが代表的です。

②キャンプやゲーム実況など、趣味的なものに特化したチャンネル。
キャンプ動画で100万人を突破したヒロシさん、ほぼゲーム実況のみの狩野英孝さん、野球をベースに展開しているティモンディさんなどがこのパターンです。

③完全にオリジナルのジャンルを確立したチャンネル。
授業スタイルを貫く中田敦彦さん、あえてラジオ形式にこだわっている東野幸治さんや西野亮廣さんなど。

④ざっくりとなんでもやるバラエティチャンネル。
芸人として初めて100万人を突破したカジサックさん、江頭2:50さん、宮迫博之さん、かまいたちさんなど、最も多くの芸人さんに該当する王道のジャンルと言えるでしょう。

霜降りはどれかと言えば、④になります。というか、一見かなり雑食で、漫才もやる、ゲーム実況もやる、料理もやるという、いまいちコンセプトが見えづらいチャンネルです。しかし、こだわりとして垣間見える一定のルールがあるように思います。それは『人の真似をせずオリジナルで勝負する』ということ。

YouTubeは「流行っていることを真似る」のが正解のメディア。「関連動画」という機能があるため、再生回数の多い動画を真似れば伸びやすいという傾向があるためです。しかし、霜降り明星はオリジナルのゲームを制作するなど、他者の動向には一切なびかず、自分たちがおもしろいと思うことだけをやり続けています。芸人さんの矜持というか、2人らしいこだわりだなと感じます。

続いて、どんな動画を出しているか具体的に見ていきましょう。ここで書きたいのが、2人の「感性」なのです。

あわせて読みたい

「お笑い芸人」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相発言に漂う日本崩壊の気配

    メディアゴン

  2. 2

    渡邉美樹氏 外食産業は崩壊危機

    わたなべ美樹

  3. 3

    電車止めない政府 危機感の甘さ

    諌山裕

  4. 4

    印象論で政権批判 NEWS23に苦言

    和田政宗

  5. 5

    青学・原監督の改革を学連は黙殺

    文春オンライン

  6. 6

    母親が米議会乱入「地に堕ちた」

    Rolling Stone Japan

  7. 7

    なぜ日本経済は低成長に喘ぐのか

    澤上篤人

  8. 8

    大戸屋TOBは企業「乗っ取り」か

    大関暁夫

  9. 9

    尾身会長が求めるリーダーの姿勢

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    諸行無常なオタ活に感じる輝き

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。