記事

人生100年時代戦略本部 国民歯科問題議員連盟総会

 昨日自民党本部で、人生100年時代戦略本部が開催され、75歳以上の医療費の窓口負担割合についての議論がありました。

 社会保障費を抑制するための、現在の1割負担から一定所得以上は2割負担に引き上げるという案に対し、私は真っ向から反対を申し上げました。

 ただでさえ、新型コロナの影響で受診控えが起こっている状況下、もし負担引き上げを行えば、仮に上位20%の一定所得以上の方々のみが対象といえども、受診控えは更に深刻化し、患者の疾病状況を悪化させるリスクが高まります。また、地域医療の崩壊にもつながりかねません。

 国民の命に関わる医療費の窓口負担割合について、私は「手をつけるべきではない」と強く申し上げました。

 その後、国民歯科問題議員連盟総会に出席しました。

歯科においても受診控えは続いておりますが、歯科医療を通じた新型コロナの感染事例はありません。

口は病原体の入り口であり、歯と口の健康管理が感染予防につながることがわかっています。

私からは、病院における歯科医療提供体制充実や成人期以降も歯科検診制度を定着させることなど、医療費抑制や国民の健康確保のため、歯科医療政策を推進すべき旨申し上げました。

あわせて読みたい

「医療費」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。