記事

銀行の就職人気凋落から学ぶべきこと

[画像をブログで見る]

■【もうすぐ購読者5万人!】毎週金曜日17時に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

私が社会人になった1986年は、バブルの入り口で、公務員になるか、金融機関に就職するのが王道でした。

東京海上や日本生命といった保険会社も人気がありましたが、なんといっても銀行を選ぶ同級生が圧倒的でした。

当時、13行あった都市銀行(!)と興銀も、今やメガバンク3行(三菱UFJ、三井住友、みずほ)と、りそなに集約されました。7行あった信託銀行も、今では独立系は三井住友信託だけです。

この5つの銀行グループが大手銀行として生き残ったものの、学生の銀行離れが進み、人材確保に苦労しているそうです。人気ランキングでは銀行離れが進んでいることがわかります(図表は日本経済新聞から)。

当時の花形就職先であった、公務員も銀行も人気が無くなり、今や外資系投資銀行や、コンサルティング会社、さらにはスタートアップのベンチャー企業などに人材が流れるようになっています。

このような、就職人気の変化から分かる事は「どこに就職するか」には大きな意味はないと言うことです。

就職活動が思うようにいかず、内定が全く取れない。そんな状況に悲観している学生さんが、いるかもしれませんが、全く気にする必要はありません。

なぜなら、自分が今入りたいと思っている会社は、20年後、いやもしかしたら10年後に、存在すらしていないかもしれないからです。

「どこで仕事をするか」より「どんな仕事をするか」の方が圧倒的に重要です。

一流企業と言われる会社に首尾よく入社しても、そこにいることに満足してしまえば、社会人としての成長は止まります。

長い年月の中で、せっかくの能力がスポイルされ、気がつけば所属している会社の衰退と波長を合わせるように、スキルのない人材になってしまう。

それよりは、例え世間の評価が低くても、自分のやりたい仕事ができる場所を探し、そこで思いっきり仕事をしたほうが、良い結果が生まれます。

日本では、いまだにビジネス誌で会社別の平均年収ランキングが発表され、ランキングに一喜一憂する人がいますが、所属する会社で人生が決まる時代はもう終わりました。

古巣の信託銀行の人気凋落は残念なことですが、社会の構造的変化に逆らう事はできないのです。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計30万部を超えた「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。

※このブログは「内藤忍の公式ブログ」2020年12月2日の記事から転載したものです。オリジナル原稿を読みたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

あわせて読みたい

「就職活動」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    EU完全離脱から1年 うぬぼれ屋のイギリス国内に広がる“後悔”

    木村正人

    01月19日 11:08

  2. 2

    宮迫「牛宮城」黒幕を暴いて評価急上昇のオリラジ中田…ひろゆきは「超優秀な詐欺師」と断罪

    SmartFLASH

    01月19日 11:43

  3. 3

    ゴミ箱は景気のバロメーター?撤去で心配される、街中消費へのマイナス効果

    赤木智弘

    01月19日 14:15

  4. 4

    「正社員を引きずり下ろしたい」"みんなで豊かになる"物語を失った日本の末路

    PRESIDENT Online

    01月19日 11:23

  5. 5

    東京の湾岸マンションの異常な価格上昇

    内藤忍

    01月19日 11:33

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。