記事
  • ロイター

FRBの緊急融資制度、迅速な再開可能=NY連銀幹部

[ニューヨーク 1日 ロイター] - 米ニューヨーク連銀の幹部は1日、連邦準備理事会(FRB)が新型コロナウイルス対策の一環で導入した緊急融資制度について、安全網として効果的に機能しており、必要であれば、年末の失効後も直ちに再開できるとの見通しを示した。

ニューヨーク連銀で「システム公開市場勘定(SOMA)」を管理するローリー・ローガン氏が、ニューヨーク大学マネー・マーケターズ主催のバーチャル会議で述べた。同氏はFRBの資産ポートフォリオを管理している。

同氏は「オペレーション上の観点から言えば、必要なら、近く失効する制度を速やかに再開することが可能だ」と発言。FRBには、資産買い入れなど、市場の円滑な機能を維持する手段が他にもあると述べた。

一方、短期の市場金利については、FRBがバランスシートを大幅に拡大しているにもかかわらず、ここ数カ月、予想をやや上回る水準で推移しているが、来年には低下する可能性があるとの見方を示した。

同氏は、FRBには短期金利の調整などを通じて短期市場金利の安定を維持する用意があると表明。

「たとえ、金利に一段と持続的な低下圧力がかかっても、FRBにはフェデラルファンド(FF)金利などの短期金利を効果的に制御できる手段があり、考えられる様々な結果に幅広く対応できると確信している」と述べた。

b

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅政権が見落とした学者の二面性

    内田樹

  2. 2

    不安煽るワクチン報道に医師呆れ

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    「もう終わりだ」Qアノンの落胆

    Rolling Stone Japan

  4. 4

    極限の克行氏 真相供述で逆転か

    郷原信郎

  5. 5

    司法試験 受験者数763人減は深刻

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  6. 6

    ワクチン接種した日本人の感想は

    木村正人

  7. 7

    伊藤忠変えた利益追求のカリスマ

    ヒロ

  8. 8

    なぜ国会議員は居眠りするのか

    千正康裕

  9. 9

    コロナ闘病した医師が明かす教訓

    ABEMA TIMES

  10. 10

    20年後の日本は「超独身大国」

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。