記事

大学生のミスコン離れ 続発する不祥事にルッキズムへの逆風も

1/2
大学祭でミスコンといえば盛りあがるはずが……(イメージ)

 1950年代から開催されてきたと言われるミスキャンパスコンテスト、つまり大学のミスコンは、今や全国各地の大学で開催されている。古くはミス立教だった女優の野際陽子さん、最近ではテレビ局の女子アナは軒並みミス経験者で、タレントにも多い。遅れて開催されるようになった男性が対象のミスターコンテストとあわせ、大学生活を華やかに彩るものとして大学生たちも楽しんでいたイベントだったはずだが、最近は肝心の大学生たちのミスコン離れが目立ってきている。ライターの森鷹久氏が、大学ミスコンやミスターコンテストに強まるネガティブなイメージについてレポートする。

【写真】大学生なら誰もが楽しんだミスコン

 * * *
 新型コロナウイルスの影響により、大学の学園祭も相次いで中止になったり縮小開催となった。目玉イベントであった「ミス・ミスターコンテスト」も、ステージアピールではなく、ネットやSNSを中心に行われている。秋といえば学園祭、そして学園祭といえば「ミスコン」である……と思う30代後半の筆者としては、一抹の物寂しさを感じつつも、オンラインが中心となってもミスコンは盛りあがっているのだろうと思っていた。だが現役学生から聞こえるのは、ミスコンに対する冷ややかな声。大学生のミスコン離れとも受け取れる今の様子は、一体何が起きているのか。

「ミスコンに出る、というだけで今は少し恥ずかしい感じ。自意識が強すぎる、そんなに目立ちたいの? ってなるし、ブラックなイメージが消えない」

 こう話すヒスイさん(21才)は、K大学の4年生。数年前にミスコン主催者が連日マスコミに取り上げられるほどの大事件を起こし、主催団体は解散、大学公認のミスコンは全て中止に追い込まれた。その後も、非公認のミスコン主催団体が林立しトラブルになるなどしたことから、今や在籍する学生のほとんどが「ミスコン」と聞くと苦々しい顔をするという。

「K大のミスコンに関わっていた、というだけで就職が厳しくなるとか、白い目で見られるとか、今も言われていますよ。ミスコンそのものが怪しく、いかがわしいものだって雰囲気」(ヒスイさん)

 K大のような全国ニュースになるほどの大事件という理由がなくとも、すでに「ミスコンは古い」と断言するのは、A大学3年の未来さん(21歳)。

「昔は雑誌の読者モデルになって、ミス○○大に選ばれて、アナウンススクールに通ってテレビ局にエントリーみたいなのが、レベルの高い女子大生って言われてたんですよね(笑)。アナウンサー就職がゴール、っていう昔の人の考え方って感じです」(未来さん)

 確かに、近年のアナウンサーには、局アナとしてタレントにも劣らない活躍で人気を得ると、あっという間に退社して芸能事務所に所属、別の生き方を模索する人が少なくない。アナウンサーは今も「憧れの仕事」かもしれないが、ゴールではない。その先にすすむためのステップと考える人が目立ってきた。それに伴ってミスコンの位置づけも変わってきている、ということなのかもしれない。

「ミスコンって、単なる手段じゃないですか? ゴールに近づくための手段。いまは、昔みたいに大学を卒業して就職した先がゴールじゃないから、ミスコンもそこまで魅力がない。というかミスコンありすぎてよくわからないし、とりあえず肩書きが欲しいからって、え? あの子が? みたいな子がミスコンで優勝したりしてる」(未来さん)

 ミスコンが次への手段、というのは昔もそうだろう。ただし、もっとゴールへ近づく直接的な手段だった。それが変化したのは、大学ミスコンのイメージが著しく低下したことと無関係ではないだろう。

 前述したK大学でのトラブルだけでなく、近年の大学ミスコン、ミスターコンテストでは、大きく報じられないだけで毎年何かしらのトラブルが起きている。その大学の難易度や校風、立地など関係無く問題が起き、内容もセクハラやパワハラ、賄賂や出来レースなどなど……枚挙にいとまがないというレベルだ。その裏には、未来さんが指摘する「ミスコンがありすぎる」事情が関係しているという。

「各大学で伝統あるミスコン、ミスターコンテスト以外に、様々なコンテストが開催されるようになりました。それこそ、学年ごとのミスコン、学部ごとのミスコン、本家ミスコンに選ばれなかった人のミスコンとかまで(笑)」

 こう説明するのは、大手人材会社勤務の吉田豊彦さん(30代・仮名)。大学時代はミスコン、ミスターコンテストの運営陣として活動。自身もエントリーされたという経験を持つが、ちょうどその頃から「おかしくなっていった」と証言する。

あわせて読みたい

「大学」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    雇用保険を否定? 厚労省の暴言

    田中龍作

  2. 2

    石破氏 コロナ報道に強い違和感

    石破茂

  3. 3

    ワクチン接種した日本人の感想は

    木村正人

  4. 4

    トヨタ Apple車参入で下請けに?

    大関暁夫

  5. 5

    京都市財政難 寺社の協力不可欠

    川北英隆

  6. 6

    「もう終わりだ」Qアノンの落胆

    Rolling Stone Japan

  7. 7

    菅政権が見落とした学者の二面性

    内田樹

  8. 8

    立民の「首相答弁が短い」は難癖

    鈴木宗男

  9. 9

    極限の克行氏 真相供述で逆転か

    郷原信郎

  10. 10

    伊藤忠変えた利益追求のカリスマ

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。