記事

「マスク勧めない」スウェーデンはコロナ感染急増……「死者数10分の1」フィンランド、ノルウェーとの違いは? - 近藤 奈香

「ジムや図書館に行かず、パーティーはキャンセルを」

【写真】この記事の写真を見る(2枚)

 そう訴えたのは、スウェーデンのロベーン首相。11月16日、新型コロナウイルスの感染急増を受け、規制強化し、9人以上の集会を禁止すると発表した。

 他の欧州各国が都市封鎖(ロックダウン)を行うなか、スウェーデンは行動制限を行わない独自路線を続け、注目されていた。

「政府は経済や人々の精神面への『副作用』が大きいが、感染抑制の根拠に乏しいと見て、ロックダウンをしなかった。国民が自発的に行うことに期待して、ソーシャルディスタンスの確保や在宅勤務などを呼びかけてきた」(現地記者)

 マスクをめぐる対応も他の国とは違った。「マスク着用はパニックや根拠のない安心感を広める」として、勧めなかったのだ。

「今もマスクを着けずに出歩く人がほとんど」(同前)

 そんな対策の陣頭指揮をとってきたのが、公衆衛生庁の疫学責任者、アンデシュ・テグネル博士(64)。

「国民の6割は『経済と健康のバランスがとれている』と対策を評価してきました。テグネル氏はWHO(世界保健機関)のメンバーとしてラオスでワクチン接種プログラムに携わり、95年にザイールでエボラ出血熱の対応にあたった。彼の似顔絵のタトゥーを腕に入れる信奉者もいるほどの人気ぶりです」(同前)

 人口約1000万人のスウェーデンは人口の一定程度が抗体を得て感染を防ぐ「集団免疫」の獲得を目指しているのではと言われてきた。だが、テグネル氏は「ワクチンなしの集団免疫の達成は不可能」と否定している。

 ただ、人々の警戒態勢が緩み始めて、10月に感染者は累計10万人を突破。11月中旬に1日あたりの新規感染者数は6700人を超え、入院患者数の伸び率が欧州最大に。現在、累計で感染者は21万人を超え、死者数は6420人となったのだ。

フィンランドとノルウェーの死者数は約10分の1

 一方で対策を再評価されているのが同じ北欧のフィンランドとノルウェーだ。両国はスウェーデンと地理的・社会的特徴が似ているが、100万人あたりの死者数は約10分の1に留まる。

「両国の共通点は、初動が早かったこと。3月にロックダウンや国境管理を厳格化し、移動する人々にPCR検査や自主隔離を強制した」(国際部デスク)


ストックホルム ©iStock.com

 また、国際通貨基金によれば今年の経済成長率の見通しは、スウェーデンがマイナス4.7%で、ノルウェー(マイナス2.8%)やフィンランド(マイナス4%)を下回るという。

 感染抑制と経済のバランスをどう取っていけばいいのか。北欧諸国のコロナ対応を世界中が注視している。

(近藤 奈香/週刊文春 2020年12月3日号)

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    陽性率が低下 宣言2週間で効果か

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    池上風? たかまつななは殻破るか

    宇佐美典也

  3. 3

    テレ東が報ステ視聴者奪う可能性

    NEWSポストセブン

  4. 4

    給付金2回目求める声殺到に衝撃

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    即入院の石原伸晃氏 特権許すな

    木走正水(きばしりまさみず)

  6. 6

    トヨタ Apple車参入で下請けに?

    大関暁夫

  7. 7

    慰安婦判決 文政権はなぜ弱腰に

    文春オンライン

  8. 8

    米国に課された多様性との融合

    松田公太

  9. 9

    マスク拒否の男 逮捕時は大暴れ

    文春オンライン

  10. 10

    若者からの感染波及説は本当か

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。