記事
  • ロイター

FRB、積極的な刺激策の時期でない=サンフランシスコ連銀総裁


[1日 ロイター] - 米サンフランシスコ地区連銀のデイリー総裁は1日、新型コロナウイルス禍からの完全かつ本格的な回復には時間がかかる見通しで、米連邦準備理事会(FRB)は金融緩和の継続を迫られるという見方を示した。同時に、積極的に刺激策を打ち出す時期ではないとも強調した。

アリゾナ州立大学主催のオンライン昼食会で「インフレ率が数カ月間、2%超に到達したからといって勝利宣言をすることはできない。物価の安定を完全に達成するためには、インフレ率が持続して穏やかに目標を上回る必要がある。それからでなければ雇用も完全とはならない」と述べた。

その上で「コロナ禍からの完全かつ本格的な回復には時間がかかる見通し」だが、「回復が段階的であっても、FRBは確約をもって物価を持続的に目標に導くことが可能」とした。

また、経済は向こう数カ月間、減速する公算が大きいものの、FRBが積極的に景気刺激策を打ち出す時期には至っておらず、現在の政策は「良好」と明言。FRBが月額1200億ドルの資産買い取りプログラムにおいて、長期債の買い取りを増やす可能性はあるが、「FRBの方向性に加え、金融市場をあるべき場所に導くためにFRBが何か違うことを行う必要性を巡って、市場が誤解しているような兆候は見られない」とした。

トピックス

ランキング

  1. 1

    清田コロナ不倫 球界も冷たい目

    WEDGE Infinity

  2. 2

    議員の保身? デジタル化せぬ国会

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    急患止めざるを得ない病院の悲鳴

    田中龍作

  4. 4

    共通テスト 鼻マスクで1人失格に

    ABEMA TIMES

  5. 5

    真面目ゆえ命落とすナチス収容所

    紙屋高雪

  6. 6

    Amazon書籍レビューは中身より数

    Chikirin

  7. 7

    五輪判断 どう転んでも政府苦境

    内藤忍

  8. 8

    米議事堂襲撃 副大統領は間一髪

    WEDGE Infinity

  9. 9

    スピルバーグ氏に見る残酷な一面

    Dain

  10. 10

    官邸崩壊の足音 秘書官もう交代

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。