記事
  • ロイター

コロナ禍、世界的な勢力均衡でアジアに有利=独首相


[ベルリン 1日 ロイター] - ドイツのメルケル首相は1日、新型コロナウイルス感染拡大を受け、世界的な勢力均衡はアジア諸国に一段と有利になるとの考えを示した。

メルケル首相はデジタル問題に関する政府の会議で、中国や韓国などのアジア諸国では多くの人がマスクを着用し、ロックダウン(都市封鎖)に対する抗議活動もそれほど多く発生していないと指摘。こうしたことが有利に働くとの考えを示した。

その上で、ドイツは中国のように国民を統制したくないとしながらも、技術の進歩に歩調を合わせる一段の努力が必要と述べた。

ドイツは新型ウイルス感染拡大第1波にうまく対応したものの、第2波への対応で一部ロックダウン措置を導入。先月ベルリンで抗議活動が発生し、警察が放水車や催涙スプレーなどを使って排除する事態になった。

あわせて読みたい

「アンゲラ・メルケル」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    内側から見た西野サロンの炎上

    森山たつを / もりぞお

  2. 2

    「支持できない」枝野代表に直撃

    たかまつなな

  3. 3

    生活保護を含め制度改善が必要

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    裕福な高齢者層 TVは消費を煽れ

    毒蝮三太夫

  5. 5

    マルチで家庭崩壊…勧誘法に愕然

    fujipon

  6. 6

    銀座クラブ報道に蓮舫氏「迷惑」

    立憲民主党

  7. 7

    五輪中止で保険会社30億ドル損失

    ロイター

  8. 8

    通勤電車に触れぬマスコミの事情

    川北英隆

  9. 9

    菅首相を推した田原氏が語る失望

    NEWSポストセブン

  10. 10

    そこまでやる? トヨタ式在宅勤務

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。