記事

セルフレジを入れて欲しいお店、入れて欲しくないお店


■【もうすぐ購読者5万人!】毎週金曜日17時に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

コンビニエンスストアにセルフレジがあれば、なるべく使うようにしています。対面のレジだと「Tポイントは?」「レジ袋は必要ですか?」「レジ袋は大きさはどうしますか?」などとあれこれ聞かれて、毎回答えるのが面倒だからです。

私がランチで愛用しているサラダ専門店クリスプ・サラダワークス赤坂アークヒルズ店も、今週からタッチパネル注文に変更になりました(写真)。

これまでは、店頭でサラダを作るスタッフに口頭で伝えていたのが、セルフレジのようにタッチパネルを操作して、自分で注文をカスタマイズする方式になったのです。

これは、一見便利なように見えますが、頻繁に利用するリピーターにとっては、サービスの改悪になってしまいます。

私の注文は、いつも固定で「カルメックス、クルトンをゆで卵に変更、レモンタヒニドレッシングに変更して混ぜて、野菜のカットは粗め、カットレモン添え」です。

毎日のように来店しているので、スタッフに顔を覚えてもらえているので、何も言わなくても、勝手にカスタマイズをして注文が完了していました。

今週からは、上記の設定をタッチパネルで入力しなければなりません。野菜のカット粗めという設定は、パネルには無いので、これだけは口頭で伝えなければなりません。なんとも面倒になったものです。

タッチパネルの導入で、お店側の省力化が進むかと思いきや、パネルの使い方を教えるスタッフが1人追加され、省力化と言うより人件費が増加しているように見えました(いずれ落ち着けば、問題なくタッチパネルで注文するようになるのでしょうが)。

牛丼チェーンでも、松屋やすき家は、自動販売機で注文ですがが、吉野家はスタッフが対面で注文を受けています。

カスタマイズの必要のないコンビニはセルフレジを推進して欲しいと思いますが、クリスプ・サラダワークスには、吉野家と同じ対面注文を続けて欲しい。これは、単なる常連客のわがままでしょうか?

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計30万部を超えた「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。

※このブログは「内藤忍の公式ブログ」2020年12月1日の記事から転載したものです。オリジナル原稿を読みたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

あわせて読みたい

「レジ無人化」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    KDDI「povo」への批判はお門違い

    自由人

  2. 2

    菅首相発言に漂う日本崩壊の気配

    メディアゴン

  3. 3

    渡邉美樹氏 外食産業は崩壊危機

    わたなべ美樹

  4. 4

    PCR検査で莫大な利益得る医院も

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    橋下氏 いま日本は「欠陥の車」

    橋下徹

  6. 6

    電車止めない政府 危機感の甘さ

    諌山裕

  7. 7

    なぜ日本経済は低成長に喘ぐのか

    澤上篤人

  8. 8

    慰安婦判決は異常 迷走する韓国

    コクバ幸之助

  9. 9

    コロナ偏見を生む報道を抑制せよ

    青山まさゆき

  10. 10

    青学・原監督の改革を学連は黙殺

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。