記事

部活の顧問はホテルの前で「断るんか」、口止めの“わいせつ写真”…スクールセクハラ被害の悲痛な叫び スクールセクハラ「犠牲者」たちの告発 #1 - 秋山 千佳

1/2

「スクールセクハラ」と総称される、教師による児童生徒へのセクシュアル・ハラスメント。スクールセクハラの被害者の苦しみは、被害の渦中にある時だけでなく、成人してからも長く続く。ジャーナリストの秋山千佳さんが「文藝春秋」2019年9月号で取材した「いま、あなたの娘と息子が危ない! スクールセクハラ『犠牲者』たちの告発」を全文公開する。※肩書きや年齢などは掲載時のまま。(全2回の1回目/#2へ続く)

【写真】この記事の写真を見る(5枚)

◆ ◆ ◆

 ブラインドを下ろしたビルの一室では、窓の外で降りだした雨の音も聴こえなかった。

 テーブルを挟んで向き合った彼女は、高校生だったおよそ10年前、信頼していた教師によって降りかかった悪夢をぽつりぽつりと語りだした。


©iStock.com

「恋愛経験も性的な知識もない子どもだったので、先生から大人の世界を急に持ち込まれてわけがわからなかったし、はっきり悪事として捉えられなかったというか……。今振り返れば、なぜ最初の段階で親にも学校にも言えなかったのかと思うんですけど、先生をかばいたくなる生徒の思いが悪用されたんですかね」

 伏し目がちに回想するのは、田村千尋さん(仮名、28)。札幌市の私立高校に在学中の2年時から3年時にかけて、当時30代後半の男性美術教師によって、下半身を触られるなどの性被害を受け続けた。「口止め」としてわいせつな写真も撮られている。

 その教師が接近してきたのは、1年秋のこと。校内行事の準備で下校が遅くなり、同級生の女子たちと学校を出ようとすると、決まって教師と鉢合わせた。暗いから車で送っていくという教師の申し出に皆で乗ることが重なり、時にはカフェレストランで食事をごちそうになることもあった。そうしたことが毎週のようにあり、女子生徒の下校を待ち構えていた可能性もあるが、当時の田村さんは「優しくて面白い先生だな」と疑いを持たなかった。

 2年になり、一人で下校しようとしていた田村さんは玄関先で教師に呼び止められ、いつものように警戒せず車に乗り込んだ。道中「ファミレスで食事していきますか」と言われて店に寄り、食事を終えると「こんな美術展が開かれているから休みの日に一緒に観に行きませんか」と誘われ、美術が好きだった彼女は無邪気に喜んだ。今なら40近いおじさんが高校生を誘うなんておかしいと思えるんですが……と彼女は言う。

「うちの父親は仕事人間で気難しく、すぐ手が出る人で、それを母が泣いて止めてくれるものの、何となく家に帰りたくない気持ちがありました。一方で先生と話していると楽しいし、恥ずかしい話ですが、森のなかのメルヘンチックなお屋敷で先生とのんびり暮らせたらいいのになんて子どもじみた空想をしたこともあります。要するに現実的な恋ではないのですが、漠然と憧れを持っていた先生とお出かけできるのは嬉しかったんです」

写真を口止めに

 その教師が他の生徒たちと休日にカラオケに行ったなどと聞くこともあり、田村さんは美術館などに連れて行ってもらう距離の近さを「特別」とも考えなかったという。

 しかし教師と出かけた休日の帰り、夜道を走っていた車は、いつしか港のような人気のない場所に入って停まった。シートベルトを外して無言で凝視してくる教師に田村さんは怖くなり、うつむいて体をこわばらせた。教師はため息をつくと、「君ってやつは。私のことが好きじゃなかったのか」などと責め立てた。好きだと口にしたことはなかったが、何も言えずにいる田村さんにしびれを切らしたように教師は腕を伸ばしてきて、こう告げた。

「失礼しますね」

 スカートをめくられ、下着の中に手を入れられた田村さんは、混乱した頭で「これって私のせいなの、私が悪いのかな」としか考えられず、されるがままになった。

「後からその教師に言われたのは、『これは普通の行為で別に悪いことじゃないと君に繰り返し教えた』『男性に警戒心を持たないように誘導した』ということでした。だからなのか、最初の怖さもだんだん麻痺していって。体を触られるのは男女の関係であって、教師と生徒の関係じゃないということを当時は認識できなかった」

 行為への嫌悪感はあっても教師を慕う気持ちがあり、田村さんはその後も教師に声をかけられれば従った。やがて「18歳になったから」という説明だけでホテルに連れて行かれた。教師は絵を描く資料にすると言いながら裸の彼女を縄で緊縛し、写真に収めた。しばらくすると、「高校生に手を出した話を彼女にしたら怒られたから終わりにしたい」という一方的なメールが来て、性的接触は止んだ。彼女は表情を歪めてこう語る。

「これも後から言われたんですが、写真は口止めという意味もありますよと。その教師は今も教壇に立っています。あんなことを生徒にして社会的に許されるのはおかしいと成人してから気づき、すべてをぶちまけてやりたいと何度も考えました。でも、そのたびにリベンジポルノ的に写真を流出させられるかもしれないとよぎって怖くなり、こんなことになった自分を責めて精神的にも生活もぐちゃぐちゃになりました」

あわせて読みたい

「セクハラ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    米議事堂襲撃 副大統領は間一髪

    WEDGE Infinity

  2. 2

    五輪判断 どう転んでも政府苦境

    内藤忍

  3. 3

    スピルバーグ氏に見る残酷な一面

    Dain

  4. 4

    官邸崩壊の足音 秘書官もう交代

    NEWSポストセブン

  5. 5

    共通テスト 鼻マスクで1人失格に

    ABEMA TIMES

  6. 6

    トランプ氏罷免せず 判断を評価

    猪野 亨

  7. 7

    14歳以下のコロナ感染が増える仏

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  8. 8

    議員の保身? デジタル化せぬ国会

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    清田コロナ不倫 球界も冷たい目

    WEDGE Infinity

  10. 10

    Amazon書籍レビューは中身より数

    Chikirin

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。