記事
  • ロイター

日経平均は急反発、連日のバブル後最高値


[東京 1日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は、急反発。景気敏感株を中心に幅広く物色され、前日に続いて立ち会い時間中のバブル後最高値を更新した。

11月30日の米国株式市場は、利益確定の動きから反落して取引を終了。ただ、時間外取引で米株先物が終始しっかりとなり、これが好感された。さらに「日米ともに前日は月末のポジション調整が株価全体に影響した」(野村証券・エクイティ・マーケットストラテジストの澤田麻希氏)との声が聞かれ、前日の引け味の悪さからムードは一変、日本株は朝方から買い優勢の展開となった。

寄り付き前に発表された法人企業統計で、7─9月期設備投資額が全産業で市場予想を上回ったことから、設備投資関連株が買われたほか、ドル/円がやや円安に振れたことで主力の輸出関連株がしっかり。市場関係者によると「押せばすかさず買いが入る。出遅れた投資家の買いニーズが強いと言えそうだ」(SBI証券・投資情報部アドバイザーの雨宮京子氏)という。ただ、高値警戒感から利益確定売りも出ており、後半は主力輸出株などが伸び悩んだ。

TOPIXは、0.77%高で終了。東証1部の売買代金は2兆8191億7700万円だった。東証33業種では、証券業、非鉄金属、金属製品など27業種が上昇。反対に、値下がりは、その他製品など6業種にとどまった。

個別では、東京エレクトロンなどの半導体関連株が買われたほか、オークマなど設備投資関連株がしっかり。アサヒグループホールディングスなど食品株や住友不動産をはじめ不動産株にも高い銘柄が目立つ。指数寄与度の大きいファーストリテイリングが大幅高。半面、トヨタ自動車など主力輸出関連株は伸び悩み、任天堂がさえない。

東証1部の騰落数は、値上がり1526銘柄に対し、値下がりが577銘柄、変わらずが74銘柄だった。

トピックス

ランキング

  1. 1

    電車止めない政府 危機感の甘さ

    諌山裕

  2. 2

    医師会の言葉は「心に響かない」

    山本直人

  3. 3

    「サイゼ来た」要請で皮肉な結果

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    菅首相発言に漂う日本崩壊の気配

    メディアゴン

  5. 5

    印象論で政権批判 NEWS23に苦言

    和田政宗

  6. 6

    尾身会長が求めるリーダーの姿勢

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    医療巡り飛び出した菅首相の本音

    青山まさゆき

  8. 8

    「男女の友情存在するか」は愚問

    いいんちょ

  9. 9

    渡邉美樹氏 外食産業は崩壊危機

    わたなべ美樹

  10. 10

    PCR問題の混乱止まらず 医師嘆き

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。