記事
  • ロイター

原油先物は下落、OPECプラス会合延期で供給巡る懸念高まる


[東京 1日 ロイター] - アジア時間の原油先物は下落。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)で燃料需要が減少する中、石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟産油国で構成する「OPECプラス」が、2021年の生産体制を話し合う会合を延期したことを受け、供給を巡る懸念が高まった。

0136GMT(日本時間午前10時36分)時点で、北海ブレント先物12月限は0.20ドル(0.4%)安の1バレル=47.68ドル。前日は1%超下落していた。

米WTI原油先物は0.27ドル(0.6%)安の1バレル=45.07ドル。前日は0.4%安だった。

ただ、北海ブレントとWIT先物は新型コロナのワクチン開発を巡る期待から11月に約27%上昇し、3月以来の大幅な月間上昇率を記録していた。

関係筋によると、OPECプラスは2021年の生産体制を話し合う会合を1日から3日に延期した。新型コロナ流行で原油需要が低迷する中、適切な生産水準について主要産油国の間でなお見解の相違があるという。

みずほ証券のエネルギー先物ディレクターは「OPECプラスは最終的に減産プログラムを3カ月延長すると思う」とした上で、合意するには一部の国が今後の減産幅を拡大することに同意する必要があるとの見方を示した。

関係筋によると、OPEC加盟国のアラブ首長国連邦(UAE)はメンバー国の減産合意順守率が改善した場合のみ、減産幅維持を支持する立場を示唆し、状況を複雑にしているという。

トピックス

ランキング

  1. 1

    料金高騰が示す電力自由化の功罪

    WEDGE Infinity

  2. 2

    医師が日本のワクチン報道に嘆き

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    音喜多氏が居眠り謝罪 歳費返納

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    コロナ禍のバイト店員私語に苦言

    かさこ

  5. 5

    毎日が40億円超減資で中小企業に

    岸慶太

  6. 6

    感染拡大するスウェーデンの日常

    田近昌也

  7. 7

    SEXなく…夫に不倫自白した女性

    PRESIDENT Online

  8. 8

    テレ東が先陣 マスク着用で好評

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    首相演説を批判 朝日に「何様?」

    鈴木宗男

  10. 10

    コロナ春に収束向かう? 医師予想

    シェアーズカフェ・オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。