記事

スペインでローン払えず立ち退きを要求された人が投身自殺 銀行は立ち退き命令を一時中止

スペインで過去三週間の間に相次いで悲惨な事件が起きました。それは住宅ローンが払えず、銀行がマイホームのオーナーに対して立ち退きを強制執行している最中にオーナーがマンションから身を投げて、投身自殺を図るという事件です。

ウォールストリート・ジャーナルが伝えるところによると、これらの事件を契機にスペインでは立ち退き命令反対のデモ行進が湧きおこっているそうです。スペインの大手銀行はこのような世論の批判に応えて2年間、立ち退き命令を凍結すると発表しました。

スペインでは住宅ローン関連法案の改正の議論が今始まろうとしているところであり、この世論の激昂を背景に不利な法案が成立するとまずいという判断が銀行側に働いたのだと推察されます。

2012年第2四半期にスペインの裁判所は1万9千の立ち退き命令を許可し、2008年以降の累計ではその総数は20万3千の立ち退き命令が発せられています。

ウォールストリート・ジャーナルによると6月現在で6,440億ユーロあるスペインの住宅ローン残高のうち210億ユーロがデフォルトしているそうです。スペインの法律では住宅ローンが払えなくて銀行に物件を召し上げられた後も、マイホームのオーナーは債務を負い続けることになっています。因みにアメリカでは個人破産を宣言することで住宅ローン債務から逃れることが可能です。

このような強制力の強い法律になっているお陰で、スペインの銀行は住宅ローン・ポートフォリオの内容劣化を決算に反映させることに消極的でした。なぜなら「いずれ必ず貸した金は取り返せる!」と主張できるからです。問題は世論が大きく債務者への同情に傾き、法律そのものが変わってしまえば、「地獄まで借金を取り立てに行けるのだから、これは焦げ付き出は無い」という銀行側の主張は、空虚になってしまうという点です。

実際、スペインの銀行株は投身自殺問題がマスコミで騒がれ始めて以来、法律改正による焦げ付きローン激増のリスクを織り込みに行っています。

ゴーゴー融資で貸し込んだツケが、いま回ってきているというわけ。

あわせて読みたい

「スペイン」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    変異株で感染の閾値が低下した 緊急事態宣言延長は仕方ないか 橋下さんと岩田先生の交わりのない議論を聞いて 責任ない批判は簡単

    中村ゆきつぐ

    05月06日 08:21

  2. 2

    原宿の竹下通りが「地方都市のシャッター商店街化」の衝撃

    内藤忍

    05月06日 16:17

  3. 3

    ワクチン接種は1日67万人ペースでないと年内に終わらない

    諌山裕

    05月06日 13:46

  4. 4

    「週刊文春」の強さはどこからやってくるのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月05日 12:05

  5. 5

    渋野日向子 海外挑戦で欠場も“罰金100万円”規定に相次ぐ疑問の声

    女性自身

    05月06日 10:09

  6. 6

    病院の窓にデカデカと「医療は限界 五輪やめて」

    田中龍作

    05月05日 08:42

  7. 7

    「経済優先で人は何を失うのか」 失踪外国人を通し日本を描く映画『海辺の彼女たち』

    清水駿貴

    05月06日 11:36

  8. 8

    小池百合子知事は東京オリンピック開催中止を進言できるか トップに立つ者の責任

    猪野 亨

    05月06日 08:46

  9. 9

    東京五輪に沈黙する小池都知事 豊田真由子氏「反対の世論を見て振る舞い変えている」

    ABEMA TIMES

    05月05日 20:47

  10. 10

    オリンピック中止に舵を切るためには、やはり二階さんの力が必要なようだ

    早川忠孝

    05月05日 16:48

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。