記事

コロナ以降の大病院の実態

コロナが病院を襲っている。コロナの感染者数が増えてからというもの、僕は病院に行ったことがないのだが、カミさんによると、一時はかなり外来患者数が減っていたらしい。これに関し、病院に関するもう少し確かな情報が得られた。某大学病院の状況である。

それによると、今年3月までは大きな落ち込みはなかったのだが、4月に入って落ち込み、5月が一番酷かったとのことである。コロナを危惧し、急を要しない場合に病院に行くのを控えたようである。

その証拠ではないが、この大学病院の場合、かかりつけ医からの紹介は減っていないとのこと。要するに、どうしようもなく受診する人数に大きな変化はない。

当り前だが、コロナだからといって、病気は待ってくれない。具合が悪くなれば、コロナが心配であろうとも医者に行き、症状が重ければ大病院ということになるのは当然として、症状が軽ければ市販の薬や我慢で対処というわけか。町の診療所の患者数も減っているとの身近な情報があるし、この大学病院が(患者数が減ると赤字になるので)「営業活動」をしたところでも、どの病院や診療所も患者数が減っているとのことだったらしい。

戻ると、6月以降も前年比で患者数の減少は続いているものの、5月ほどの状況ではないとのこと。つまり少しは戻っているのだが、コロナ前にはまだ距離があるらしい。

それと、大病院の場合、市や県の要請でコロナ患者を受け入れざるをえない。この大学病院もコロナの重症患者の受け入れを始めたが、それによって風評被害が生じ、コロナ以外の患者数が減ったとの説明もあった。もっとも、この病院では、コロナのクラスターは発生していないとのことである。

病院は大変である。GoToキャンペーンをやる予算があるくらいなら、まずはコロナ対策の核心部である病院経営を補助することで、診療体制を量と質の両面で拡充し、コロナに感染しても受診できる態勢を整えるべきである。そうでなければ、医者や病院の反乱が起きても仕方ないように思える。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。