記事
  • ロイター

NY外為市場=ドル上昇、米株安などでリスク選好後退

[ニューヨーク 30日 ロイター] - ニューヨーク外為市場で、ドルが主要通貨に対して上昇した。米株価が反落し、米経済指標が軟調となる中、追加刺激策導入の兆しが見えないことも相まってリスク選好が後退し、安全通貨としてのドルに買いが入った。ただ月間ベースでは2.3%下落し、7月以来の大幅な下落となった。

暗号資産(仮想通貨)のビットコインは過去最高値を更新。終盤の取引では5.7%高の1万9235.96ドル。

この日発表の米経済指標では、全米リアルター協会(NAR)の10月の中古住宅販売仮契約指数が前月比1.1%低下の128.9と、2カ月連続で低下。金融情報会社MNIの11月の米シカゴ景気指数は58.2と前月の61.1から低下し、市場予想の59.0も下回った。新規受注が新型コロナウイルス禍からの回復が始まった5月以降で初めて低下した。

OANDA(ニューヨーク)のシニア市場アナリスト、エドワード・モヤ氏は「米経済指標は一段と軟調になっている」とし、こうした中でも「議会で追加経済刺激策が近く策定される兆しは全く出ていない」と述べた。

終盤の取引で主要6通貨に対するドル指数は 0.2%高の91.89。

モヤ氏は「ドルの上昇は一時的なものにすぎず、長期的には明らかにドル安傾向にある」と指摘。実際、ドル指数は過去7カ月のうち5カ月で下落している。

ユーロは対ドルで0.2%安の1.1942ドル。一時は1.20ドルと、3カ月ぶり高値を付けた。

市場は今週のECB理事会に注目。バノックバーン・グローバル・フォレックスのチーフ市場ストラテジスト、マーク・チャンドラー氏は 「ECBは来週の理事会でハト派姿勢を示すとみられており、理事会前に高値を追うことは控えている」と述べた。

ユーロは月次ベースで対ドルで2.6%上昇。7月以来の大きな上昇となった。

ドルは対円で0.2%高の104.33円。

ドルは中国人民元に対しオフショア市場で横ばいから小幅高。中国国家統計局発表の11月の製造業購買担当者景気指数(PMI)は52.1と、10月の51.4から上昇し、2017年9月以来約3年ぶりの高水準となった。

オフショア人民元の月次ベースの上昇は6年ぶりの長さを記録した。

ドル/円 NY終値 104.27/104.30

始値 104.00

高値 104.40

安値 104.02

ユーロ/ドル NY終値 1.1928/1.1932

始値 1.1986

高値 1.2003

安値 1.1925

(表はリフィニティブデータに基づいています)

トピックス

ランキング

  1. 1

    電車止めない政府 危機感の甘さ

    諌山裕

  2. 2

    医師会の言葉は「心に響かない」

    山本直人

  3. 3

    「サイゼ来た」要請で皮肉な結果

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    菅首相発言に漂う日本崩壊の気配

    メディアゴン

  5. 5

    印象論で政権批判 NEWS23に苦言

    和田政宗

  6. 6

    尾身会長が求めるリーダーの姿勢

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    医療巡り飛び出した菅首相の本音

    青山まさゆき

  8. 8

    「男女の友情存在するか」は愚問

    いいんちょ

  9. 9

    渡邉美樹氏 外食産業は崩壊危機

    わたなべ美樹

  10. 10

    PCR問題の混乱止まらず 医師嘆き

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。