記事
  • ロイター

ユーロ圏、一段の財政・金融支援策必要 感染第2波で=IMF

[ブリュッセル 30日 ロイター] - 国際通貨基金(IMF)は30日、新型コロナウイルスの感染第2波を受け、ユーロ圏の各国政府と欧州中央銀行(ECB)は当初想定を上回る財政・金融支援策を実施する必要があると表明した。

ユーロ圏経済に関する定期見直しで「感染第2波を考慮すると、リスクは2021年初頭までなお下向きであることは明らか」と指摘。「各国の財政政策によって、当初想定よりも長期かつ広範な支援を提供する必要がある」とした。

また、欧州連合(EU)各国が合意した7500億ユーロ規模の復興基金案の影響は、同基金が支援する財政支出の規模、質、効率性のほか、環境に配慮しデジタル化を推進する経済への移行を目的とした構造改革に依存するとした。

パンデミック(世界的大流行)によって引き起こされた景気後退に対するECBの金融政策対応については、適切かつ大胆なものだったと評価した一方、資産購入策や長期資金供給オペ(TLTRO)の拡大、預金金利の引き下げなど一段の支援が必要となる可能性が高いとした。

IMFは「下振れシナリオにおいて、デフレリスクに対抗し金融政策効果の円滑な波及を確保するためには、一段の追加緩和が必要になる」とした。

トピックス

ランキング

  1. 1

    池上風? たかまつななは殻破るか

    宇佐美典也

  2. 2

    河野氏 憶測のワクチン報道危惧

    河野太郎

  3. 3

    即入院の石原伸晃氏 特権許すな

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    迫る節電要請 電力自由化は失敗

    PRESIDENT Online

  5. 5

    ワクチン副反応に「備えできる」

    ABEMA TIMES

  6. 6

    10万円再給付 対象を絞る必要性

    コクバ幸之助

  7. 7

    菅首相のワクチン推奨は逆効果に

    山崎 毅(食の安全と安心)

  8. 8

    恣意的な番組作りしたNHKに苦言

    和田政宗

  9. 9

    慰安婦判決 文政権はなぜ弱腰に

    文春オンライン

  10. 10

    自民議員 病院名の公表に危機感

    船田元

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。