記事

《秋篠宮55歳に》 “小室家側から結婚を辞退してもらう” 秋篠宮ご夫妻の夢はなぜ実現しなかったのか - 森元 大樹

「小室家側から結婚を辞退してもらう――」秋篠宮ご夫妻は長くそう願ってきたと、ある秋篠宮家に近い人物は話しました。

【写真】この記事の写真を見る(5枚)

 しかし、コロナ禍で身動きが取れない中、その秋篠宮ご夫妻の願いは叶わないままでした。

 55歳の誕生日を前に、記者会見に臨んだ秋篠宮さまは、淡々とした口調で「結婚することを認める」と明言しました。しかし、ご夫妻を知る人物は「あきらめに近い、無念な思いが駆け巡っていたのでは」と推しはかります。


秋篠宮ご一家 宮内庁提供

 その思いは、「結婚と婚約は違いますから、結婚については本当にしっかりした確固たる意志があれば、それを尊重するべきだと私は思います」という関連質問へのご回答からもにじんでいます。

 秋篠宮家に近い人物は、こう続けます。

「金銭トラブルの発覚後、ご夫妻は小室家への不信感を募らせていきました。何より驚いたのが、眞子さま自身がトラブルについて聞かされていなかったことです。ご夫妻が説明を求めても、小室母子からは納得できる回答はない。しびれをきらし、娘の結婚相手にふさわしくない、とまで思うようになったのです。

 それなのに、当事者である眞子さまの気持ちは冷めるどころか、逆に燃え上がっているように見えました。頑固で、こうすると決めたことは貫き通す。そんな眞子さまの性格をだれよりも理解している両親は、それなら小室さんに引いてもらうほかないと考えたそうです。

娘が惚れ込んでいる様子を目の当たりにして

 でも、妙案はありません。小室さんが米国留学している間、紀子さまは眞子さまと向き合い、気持ちが変わるように『説得』を試みましたが、お互いに感情的になることもあり、うまくいかなかったと聞いています。

 紀子さまはめったに愚痴を口にしませんが、時に、友人に弱音を吐くこともあったようです。紀子さまと相談したうえなのか、自主的にかはわかりませんが、2人の交際を自然消滅させる方法がないか、周囲の人が、マスコミ関係者に相談を持ちかけたこともあったと聞きます。破局が近いと匂わせる記事が週刊誌等に続いたことがありましたが、そうした意を受けたものもあったようです。

 秋篠宮さまも、研究仲間などに眞子さまについて相談することはなかったと聞いています。眞子さまとも会話はもともと多いわけではなく、問題の張本人である小室さんは米国留学中で、問いただすこともできない。ネットなどでこの問題が取り上げられているニュースや反応をこまめに確認し、交際に否定的な意見に心を痛めていたようです。

 振り返れば、眞子さまと小室さんの交際が発覚してしばらくは、ご夫妻は2人を温かく見守っていた『蜜月』期間もありました。眞子さまの彼氏を紹介されたのは初めてで、娘が惚れ込んでいる様子を目の当たりにしては、“眞子が選んだ相手だから”と応援する姿勢を見せていたのです」

「ついに殿下が本気で怒った」

 2017年、秋篠宮さまの52歳の誕生日に際して、紀子さまは「初めてお会いし、話をしましたときに、丁寧で穏やかな印象を受けました。そして今も、同じような印象を持っております。先日になりますが、小室さんのピアノを聴きたいと話をしましたところ、快く応じてくださり、小室さんの優しいピアノの音色を聴きながら、私たちは心和むひとときを過ごしました」と、小室さんとのやりとりを嬉しそうに再現していました。

 しかし、別の秋篠宮家関係者は「小室圭さんの母、佳代さんとは、ご夫妻が対面した際もあまり込み入った話はなく、打ち解けるまでにはいかなかったようだ」と語ります。佳代さんが緊張していたとも推測されますが、もう少しわかり合える関係になっていれば、金銭トラブル発覚後の展開も変わっていたかもしれません。

 解決の糸口が見られない中、秋篠宮さまは2018年11月の誕生日会見で「多くの人が納得し喜んでくれる状況にならなければ、納采の儀を行うことができない」と発言。小室家側に会見などで説明するよう、あえて多くのマスコミを前に言い放ちました。

 何ら動こうとしない小室親子に痺れを切らし、世論に問いかけたわけです。ひごろ、近しい人たちに話していたのと同じ内容でしたが、「ついに殿下が本気で怒った」と宮内庁内では話題になりました。

 ただ、結婚をめぐっては、様々な意見があります。説明しようとしない小室家側に非難の声があがる一方で、本人同士が結婚したがっているのに親が邪魔するのはけしからんなどと、秋篠宮ご夫妻にも非難の矢が飛び交う結果に。

自分たちの人生は自ら決めたい

「そういった非難が起こることは想定外だったようで、ご夫妻も思い悩んだと聞きます。これに対し、眞子さまは結婚をあきらめさせようという両親の思いを理解しつつ、小室さんと遠距離でも連絡を取り続ける中で、結婚相手にふさわしいという気持ちを新たにしていったようです。

 もともと、今年4月に予定されていた立皇嗣の礼が終わった後に、結婚への見解を文書で出すべく準備を進めていました。秋篠宮さまが会見ではっきりと物申したように、眞子さまも結婚するということを改めて盛り込むよう内容を整えていたのです。宮内庁の相談役である参与らをお住まいに招き、文面などを相談していました」(前出・秋篠宮家に近い人物)

 一部報道にあったように、具体的に何月に、という記載はなかったようですが、「小室さん以外は考えられない」という趣旨の、かなり強い文面を出したい意向があったそうです。

 SNS上などには、小室さんの人間性を否定するような書き込みが数え切れないほどあります。

 宮内庁にも、結婚に反対、結婚に伴う一時金を支払うべきでない、小室さんは皇室に関係するような人物ではない、等々、批判的な電話やメールが多く寄せられています。
 
「それを知った眞子さまは、深く傷つきつつ、なぜそうまで言われなければならないのか、自分たちの人生は自ら決めたいという思いを強めたそうです」と、当時、眞子さまの近くにいた人物は明かしました。

小室母子が勝利した

 結果的に、立皇嗣の礼は11月に延期され、眞子さまの文書公表もその後にずれ込みました。

 儀式がおわり、秋篠宮さまの誕生日会見が11月20日に決定。その会見が報道解禁される同月30日までの間に、眞子さまが文書を公表する。とんとん拍子で段取りが決まっていきました。

 眞子さまが文書で結婚への思いを明かす。そして、秋篠宮さまが会見で認める。そんな流れが最も世間に受け入れられると、ごく一部の関係者で準備が進められました。宮内庁に詰めている記者もほとんどはそんな動きをキャッチできず、「殿下は会見で、眞子さまの結婚は未定とぼかすのだろう」と見る中堅記者もいたようです。

 今後、結婚に向けてどう進んでいくのか。秋篠宮ご夫妻と、ご結婚を「生きていくために必要な選択」とする眞子さまの間では、話はまとまっていないようです。

 秋篠宮さまは会見で、「感じとしては決して多くの人が納得し喜んでくれている状況ではないというふうに思っています」とおっしゃり、今後の予定は「これから追って考えていく」としました。

 一方で、金銭トラブルの当事者である小室佳代さんの元婚約者は、小室家側に借金を返すよう求めることをあきらめたそうです。自分が2人の結婚を邪魔している。そんな自責の念にかられているようで、もともと人がよすぎるほど優しい人物なので、身を引いたのでしょう。現時点では、小室母子の思惑通りに事態が推移しているように見えます。

(森元 大樹)

あわせて読みたい

「秋篠宮文仁親王」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    池上風? たかまつななは殻破るか

    宇佐美典也

  2. 2

    河野氏 憶測のワクチン報道危惧

    河野太郎

  3. 3

    即入院の石原伸晃氏 特権許すな

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    迫る節電要請 電力自由化は失敗

    PRESIDENT Online

  5. 5

    ワクチン副反応に「備えできる」

    ABEMA TIMES

  6. 6

    10万円再給付 対象を絞る必要性

    コクバ幸之助

  7. 7

    菅首相のワクチン推奨は逆効果に

    山崎 毅(食の安全と安心)

  8. 8

    恣意的な番組作りしたNHKに苦言

    和田政宗

  9. 9

    慰安婦判決 文政権はなぜ弱腰に

    文春オンライン

  10. 10

    マニアが絶賛 無印カレーの凄さ

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。