記事

眞子さまと小室圭さんの結婚 秋篠宮さま「認める」の葛藤と、小室佳代さん“変貌”というサイン - 佐藤 あさ子

「それは結婚することを認めるということです。これは憲法にも結婚は両性の合意のみに基づいてというのがあります。本人たちが本当にそういう気持ちであれば、親としてはそれを尊重するべきものだというふうに考えています」  

【写真】この記事の写真を見る(5枚)

 秋篠宮さまは11月30日に55歳の誕生日を迎えられた。長女・眞子さま(29)は、秋篠宮さまの誕生日を前にした記者会見に先立つ形で、11月13日に文書を公表され、「結婚は、私たちにとって自分たちの心を大切に守りながら生きていくためにも必要な選択」と痛切なお気持ちを記された。

 眞子さまの文書公表に際して加地隆治皇嗣職大夫が、秋篠宮ご夫妻は「お2人のお気持ちを尊重された」と説明したことについて、秋篠宮さまは冒頭のように述べられたのだ。

佳子さま「姉の一個人としての希望」に通じるものが

 私は秋篠宮さまのご回答から、2018年8月に「朝日新聞」が報じたスクープを思い出した。小室圭さん(29)と母親に対し、秋篠宮ご夫妻が「現在のままでは(皇族の正式な婚約にあたる)納采の儀は行えない」とお伝えになっていたという内容で、小室さんがアメリカ・フォーダム大学ロースクールへの留学に出発した翌日の報道だった。

〈秋篠宮家は「結婚にあたっては日本国憲法に基づき当事者の意思を尊重すべきだ」と考えているという。だが同時に、皇室の一員としては広く国民の祝福と理解を得ることも不可欠と思っており、複数の週刊誌でトラブルが報道され続けている現状では、正式な婚約や両陛下へのあいさつができる状態ではない、と考えたという。〉(2018年8月8日)


2020年、眞子さまお誕生日に際してのご近影 宮内庁提供

 ここで報じられた内容と、今回の誕生日会見で秋篠宮さまがおっしゃったことがつながり、2年前から基本的なお考えは変わっていないということではないかと思った。次女・佳子さま(25)が述べられた「私は、結婚においては当人の気持ちが重要であると考えています。ですので、姉の一個人としての希望がかなう形になってほしいと思っています」にも通じるものがあるだろう。

お痩せになった秋篠宮さまの“葛藤”

 2018年11月の誕生日会見で秋篠宮さまは、眞子さまと小室さんの結婚に「相応の対応」と「多くの人が納得し喜んでくれる状況」が必要だと述べられた。

 今回の会見では「決して多くの人が納得し喜んでくれている状況ではないというふうに思っています」とされながらも、関連質問に対するご回答の中で、「私は、特に結婚と婚約は違いますから、結婚については本当にしっかりした確固たる意志があれば、それを尊重するべきだと私は思います。これはやはり両性の合意のみに基づくということがある以上、そうでないというふうには私はやはりできないです」と述べられている。

 眞子さまが小室さんとの結婚への強い思いを綴られたこととは対照的に、秋篠宮さまは父親としての葛藤を込められつつ、皇嗣というお立場から述べることができる範囲での論理的な見解を示されたのではないだろうか。秋篠宮さまは、眞子さまのご結婚問題が持ち上がってからというもの、ずいぶんお痩せになったように思う。

元婚約者男性が「400万円は返してもらわなくていいのです」

 また、小室圭さんの母・佳代さんの元婚約者である男性が11月30日発売の「週刊現代」(12月5日号)で「もう私は小室佳代さんから、400万円は返してもらわなくていいのです。先方と交渉を続けるつもりもありませんし、今後、小室家に対して返金を求めることは一切いたしません」と告白。秋篠宮さまは今回の会見で「見える形」での「相応の対応」が必要だと述べられたが、眞子さまや小室さんからも再び発信があるのだろうか。

 眞子さまと小室さんの結婚は実現する方向でいよいよ動き出すことになりそうだ。振り返れば、今年の秋から“サイン”はあった。まず9月11日、紀子さまのお誕生日に際した文書ご回答での「長女の気持ちをできる限り尊重したいと思っております」という箇所だ。秋篠宮さまの誕生日会見と同様に、「気持ちを尊重」という言葉を使われている。

母・佳代さんの“変貌”…「ご苦労さまでございます」

 そして、小室圭さんの母・佳代さんの言動や様子にも変化が見られた。今年の5月下旬に近所のスーパーで買い物する姿を「女性セブン」(6月11日号)が報じた際は、マスク着用でホワイトの帽子を目深にかぶり、金髪にも見えるほどの明るいブラウンに染めたロングヘア姿の佳代さんは、大ぶりのハイビスカス柄のブラックワンピースにカーディガンを合わせ、足元はサンダルという夏らしい装いに身を包み、華やかなファッションながら、人目を避けるような様子だったという。

 しかし10月に入り、グリーンのシャツにカーディガンを羽織った姿の佳代さんが、記者からの問いかけに対し「ご苦労さまでございます」と丁重に答えている様子が報じられ(日本テレビ、10月23日)、11月中旬には髪をボブの長さまでばっさりカットして前髪をつくり、若々しくイメージチェンジ。洋服はモノトーン系で統一した姿(「週刊新潮」12月3日号)を見せていた。周囲を気にする様子はなく、堂々とした足取りだったという。眞子さまの文書公表、秋篠宮さまの誕生日会見に向けて、佳代さんにも大きな心境の変化があったのではないだろうか。

 11月29日、天皇皇后両陛下と眞子さまは、国会議事堂で開かれた議会開設130年の記念式典に出席された。壇上に向かわれる両陛下に一礼をされた眞子さまは潔さと柔らかさを感じさせるアイボリーのスーツをお召しで、凛とした存在感を放たれていた。

 政府は、皇族の減少に伴う公務の負担軽減策として、結婚後の女性皇族を特別職の国家公務員と位置づける制度を創設する検討に入ったという。文書で小室さんについて、「お互いこそが幸せな時も不幸せな時も寄り添い合えるかけがえのない存在」と述べられた眞子さまだが、一時金や将来の生活設計についてなど、ご結婚を巡って残された課題は多い。

(佐藤 あさ子/文藝春秋 digital)

あわせて読みたい

「秋篠宮文仁親王」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    KDDI「povo」への批判はお門違い

    自由人

  2. 2

    PCR検査で莫大な利益得る医院も

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    橋下氏 いま日本は「欠陥の車」

    橋下徹

  4. 4

    菅首相発言が「絶対アカン」理由

    郷原信郎

  5. 5

    菅首相発言に漂う日本崩壊の気配

    メディアゴン

  6. 6

    渡邉美樹氏 外食産業は崩壊危機

    わたなべ美樹

  7. 7

    広島県の大規模PCR検査は愚行

    青山まさゆき

  8. 8

    青学・原監督の改革を学連は黙殺

    文春オンライン

  9. 9

    慰安婦判決は異常 迷走する韓国

    コクバ幸之助

  10. 10

    コロナ偏見を生む報道を抑制せよ

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。