記事
  • ロイター

日経平均は反落、211円安 ファーストリテなど値がさ株は堅調


[東京 30日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は5日ぶりに反落した。朝方の日経平均は上値を追う動きとなったものの、徐々に上げ幅を縮小しマイナス圏に転落。後場では下げ幅を拡大する展開となり、一時238円88銭安の2万6405円83銭となった。日経平均の上下の値幅は約428円となり、前週末の終値を挟み上下する値動きとなった。月末でポジション調整が行われやすい環境にあり、短期的な過熱感を意識した利益確定売りが広がった。一方、ファーストリテイリングは2%超高となるなど、値がさ株は総じて堅調だった。

TOPIXは7日ぶりに反落し1.77%安。日経平均をTOPIXで割ったNT倍率は一時15.07倍まで上昇し、今年の最高水準となった。東証33業種では、その他製品以外の32業種が値下がり。鉱業、ゴム製品、石油・石炭製品、非鉄金属、倉庫・運輸関連などが値下がり率上位となった。

市場では「月末ということでポジション調整が行われやすい環境ではあるが、短期筋のショートカバーもあり、終値を挟んで上下する値動きとなった。ただ、月末に下がり、翌月の初めに上がるという株価パターンはよくある。12月のメジャーSQまではまだ上値を試すだろう」(みずほ証券のシニアテクニカルアナリスト、三浦豊氏)との声が聞かれた。

個別ではファーストリテイリング、エムスリー、東京エレクトロン、ソフトバンクグループなどの指数寄与度の高い銘柄が堅調だった。

そのほか、東京ドームは28.65%高。連日のストップ高比例配分となり、引け後に約212万株の買い注文を残した。27日、三井不動産が東京ドーム株を公開買い付け(TOB)すると発表したことが材料視された。

東証1部の騰落数は、値上がり335銘柄に対し、値下がりが1810銘柄、変わらずが32銘柄だった。

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナ春に収束向かう? 医師予想

    シェアーズカフェ・オンライン

  2. 2

    医師が日本のワクチン報道に嘆き

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    料金高騰が示す電力自由化の功罪

    WEDGE Infinity

  4. 4

    音喜多氏が居眠り謝罪 歳費返納

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    独身でいる理由 男女の5割で共通

    ニッセイ基礎研究所

  6. 6

    コロナ禍のバイト店員私語に苦言

    かさこ

  7. 7

    五輪中止なら湾岸タワマン暴落か

    NEWSポストセブン

  8. 8

    時短応じぬ外食大手に賛同 なぜ?

    御田寺圭

  9. 9

    SEXなく…夫に不倫自白した女性

    PRESIDENT Online

  10. 10

    感染拡大するスウェーデンの日常

    田近昌也

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。