記事

ワクチン接種 英で12月初旬にも 日本は周回遅れ

米製薬大手ファイザーと独バイオ企業ビオンテックが共同開発した、新型コロナウイルスのワクチンについて、英国の医薬品・医療製品規制庁が、数日中に緊急承認する見通しだと、英紙ファイナンシャル・タイムズ(電子版)が、28日、伝えました。

12月7日に接種が開始される可能性がある、ということで、先進国で新型コロナワクチンが承認される初のケースとなりそうです

英国政府は、このワクチンを4千万回分確保する契約を結んでいて、1千万回分は年内に入手する予定だとしています。英規制当局は、臨床データをリアルタイムで提出してもらい、進行中の臨床試験(治験)や製造工程について企業側と協議する「逐次審査」を実施し、承認手続きにかかる時間を短縮し、早期の接種開始をめざしてきたそうです。

接種は、高齢者介護施設の入所者と職員を最優先とし、続いて80歳以上と医療・福祉従事者、その後は年齢層の高い順から接種を進めることを、政府の諮問委員会が政府に勧告しています。日本政府は、ファイザーから来年6月末までに6千万人分のワクチンの供給を受けることで基本合意しています。

ワクチン開発では、米バイオ企業モデルナや英製薬大手アストラゼネカも、最終の治験で高い効果を確認できたとする暫定結果を発表しています。ワクチン開発では、ロシアが8月に自国製品を承認しましたが、大規模な治験に基づいていず、効果や安全性の確認が十分でない、とされています。

プーチン大統領は未接種で、国民に不信感がある、と伝えられています。先進国で、安全性が確認されたワクチンが接種できるようになることは、大歓迎です。

日本でもワクチン開発は進められていますが、司令塔機能を欠く日本政府と、リスクのある巨額投資に二の足を踏む製薬会社、という状況で、日本は周回遅れといわれています。平時に対策を怠ってきたつけが、ワクチン安全保障に影を落としている、ということです。

腰をすえてワクチン開発、予防接種に取り組んでいってもらいたいものです。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    内側から見た西野サロンの炎上

    森山たつを / もりぞお

  2. 2

    「支持できない」枝野代表に直撃

    たかまつなな

  3. 3

    生活保護を含め制度改善が必要

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    裕福な高齢者層 TVは消費を煽れ

    毒蝮三太夫

  5. 5

    マルチで家庭崩壊…勧誘法に愕然

    fujipon

  6. 6

    銀座クラブ報道に蓮舫氏「迷惑」

    立憲民主党

  7. 7

    五輪中止で保険会社30億ドル損失

    ロイター

  8. 8

    通勤電車に触れぬマスコミの事情

    川北英隆

  9. 9

    菅首相を推した田原氏が語る失望

    NEWSポストセブン

  10. 10

    そこまでやる? トヨタ式在宅勤務

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。