記事
  • ロイター

英イングランドのコロナ感染30%減、厳格な制限導入地域=調査


[ロンドン 30日 ロイター] - 英国の人口の大半を占めるイングランド全域で11月5日に始まった外出や店舗営業の厳しい制限措置の間に、新型コロナウイルス感染者が30%減ったとの調査結果が30日発表された。

インペリアル・カレッジ・ロンドンと調査会社イプソス・モリの暫定発表によると、10万人のボランティアを13日から24日まで調べたところ、1万人当たりの感染者は96人だった。10月16日から11月2日までの前回調査では1万人当たり130人だった。

保健省は声明で、今回の制限措置開始のころは感染が拡大していたが、制限が功を奏して感染者が減ったことが示されたと指摘した。

ロンドンを含むイングランド全域での制限措置は12月2日に終了し、その後は地域ごとの制限措置が導入される予定。

制限措置の決定を巡ってジョンソン英首相は、与党内の一部からは市民の自由を侵害する不要な措置だと突き上げられる一方、野党からは逆に対応が遅過ぎると批判されている。

保健省は声明で、感染の広がりはなお高水準だと引き続き警告した。ただ調査では、これから制限措置が最も厳しい段階に入るとされているイングランド北部の一部地域では、感染が急減していることも示されたため、こうした地域で日常生活をきつく縛ることの妥当性を巡る論議が与党内でさらに沸き起こる可能性がある。

トピックス

ランキング

  1. 1

    「もう終わりだ」Qアノンの落胆

    Rolling Stone Japan

  2. 2

    菅政権が見落とした学者の二面性

    内田樹

  3. 3

    極限の克行氏 真相供述で逆転か

    郷原信郎

  4. 4

    ワクチン接種した日本人の感想は

    木村正人

  5. 5

    司法試験 受験者数763人減は深刻

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  6. 6

    不安煽るワクチン報道に医師呆れ

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    伊藤忠変えた利益追求のカリスマ

    ヒロ

  8. 8

    なぜ国会議員は居眠りするのか

    千正康裕

  9. 9

    20年後の日本は「超独身大国」

    PRESIDENT Online

  10. 10

    河野大臣 本人確認の不便さ指摘

    河野太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。