記事
  • ロイター

午前の日経平均は小幅続伸、利益確定と押し目買いが交錯


[東京 30日 ロイター] - 30日午前の東京株式市場で、日経平均は小幅続伸。前営業日比22円20銭高の2万6666円91銭で午前の取引を終えた。前週末の米国株高を受け、好地合いを引き継ぐ形で朝方は堅調にスタートしたが、その後は利益確定売りが先行し下げ幅が拡大する場面もあった。ただ、押し目買い意欲も依然として強く、一進一退の動きが続いた。

短縮取引となった27日の米国株式市場では主要株価指数が上昇し、ナスダック総合が終値で過去最高値を更新した。日経平均も朝方は上値を追う動きとなったが、月末でポジション調整が行われやすい環境にあり、後場も売り買いが交錯する相場展開となりそうだ。

市場からは「テクニカル的には、前週末の日経平均の終値と25日移動平均線との乖離率が7%を超え、過熱シグナルも出始めている。高値警戒感もあり、今週どこまで調整するか見極める相場展開となるのではないか」(国内証券)との意見が聞かれた。

ただ、下げ幅が拡大する場面では依然として押し目買いも活発だ。「シカゴ日経平均先物がしっかりした動きとなっていることを踏まえると、海外勢の先高期待で日経平均は支えられているのではないか。マイナス圏に沈む場面では押し目買いも入り、下値は底堅い」(岡三オンライン証券・チーフストラテジスト、伊藤嘉洋氏)という。

TOPIXは0.46%安で午前の取引を終了。東証1部の売買代金は1兆2122億円だった。東証33業種では、金属製品、海運業、情報・通信業、その他製品など8業種が値上がり。半面、石油・石炭製品、鉱業、ゴム製品など25業種が値下がりした。

東証第2部に新規上場したバリオセキュアは、公開価格を4.44%下回る2150円で初値を形成。その後2244円まで上値を伸ばし、2195円で午前の取引を終えた。

東証1部の騰落数は、値上がりが659銘柄に対し、値下がりが1449銘柄、変わらずが68銘柄だった。

トピックス

ランキング

  1. 1

    不安煽るワクチン報道に医師呆れ

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    極限の克行氏 真相供述で逆転か

    郷原信郎

  3. 3

    老害タグを茂木健一郎氏が批判

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    電通本社ビル売却検討 何が衝撃?

    かさこ

  5. 5

    五輪中止で32年開催狙うか 英紙

    ロイター

  6. 6

    政治に怒らぬ若者 そのワケは?

    BLOGOS編集部PR企画

  7. 7

    河野大臣 本人確認の不便さ指摘

    河野太郎

  8. 8

    「もう終わりだ」Qアノンの落胆

    Rolling Stone Japan

  9. 9

    ワクチン接種した日本人の感想は

    木村正人

  10. 10

    司法試験 受験者数763人減は深刻

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。