記事
  • ロイター

原油先物は下落、OPECプラス会合控え


[シンガポール 30日 ロイター] - 原油先物価格は約1%下落している。石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟産油国で構成する「OEPCプラス」の会合を前に警戒ムードが広がっている。

0008GMT(日本時間午前9時8分)時点で、ブレント先物(1月限)は0.58ドル(1.2%)安の1バレル=47.60ドル。より活発に取引されている2月限は、0.48ドル安の47.77ドル。

米WTI先物(1月限)は0.40ドル(0.9%)安の1バレル=45.13ドル。

両先物は11月の上昇率が20%を超え、5月以来の大幅な上げを記録する見通し。新型コロナウイルスワクチンへの期待が相場を支えている。

アナリストや市場関係者は、OPECプラスが来年1月から予定する減産規模の縮小を先送りすることも期待している。

OPECプラスは29日に予備協議を開いたが、2021年の生産体制についてまだ合意を見いだせていない。関係筋が明らかにした。30日から2日間は正式な閣僚級会合が開催される。

本会合は30日1300GMT(日本時間午後10時)に始まる見通し。

オーストラリア・アンド・ニュージーランド銀行(ANZ)のアナリストは、OPECプラス内で不協和音があり、現行の減産体制の維持で合意できない可能性があると指摘。その場合、2021年上期の原油市場の余剰は日量150万─300万バレルに達するとの見方を示した。

トピックス

ランキング

  1. 1

    高額ギャラ原因?芸能界リストラ

    渡邉裕二

  2. 2

    独身でいる理由 男女の5割で共通

    ニッセイ基礎研究所

  3. 3

    コロナより政局に熱心な小池知事

    石戸 諭

  4. 4

    コロナ春に収束向かう? 医師予想

    シェアーズカフェ・オンライン

  5. 5

    詐欺横行の英国でワクチン接種へ

    小林恭子

  6. 6

    ラブリから性被害 女性が告発

    文春オンライン

  7. 7

    歌舞伎町 6万円もらい隠れ営業も

    國友公司

  8. 8

    電通本社ビル売却検討 何が衝撃?

    かさこ

  9. 9

    二階氏に「引退して」と批判殺到

    女性自身

  10. 10

    時短応じぬ外食大手に賛同 なぜ?

    御田寺圭

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。